旧小川勝家住宅

旧小川家住宅は、江戸時代中期(18世紀半ば)に上和田の久田(くでん)集落に建てられました。市内に残っていた最古の住宅で、屋根は茅葺きの寄棟(よせむね)造り、棟は杉皮をまいて竹で押さえる竹簀の子巻きです。間取り(ドマのほかザシキ・デエ・ヘヤの三室からなる広間型三間取)やチョウナ仕上げの柱などに古い建築様式を見ることができます。郷土民家園に移築復元されています。

※寄棟造り…四注造りともいう。四方に葺きおろした建物。

特別展示「茅葺き写真展」を公開中!ぜひご覧ください。