旧小倉可光家住宅土蔵

板葺き、切妻造の土蔵で、前身建物の古材を用いて大正7(1918)年に再建されています。母屋(旧小倉可光家住宅)の付属建築で、一般に袖蔵(そでくら)といわれています。下鶴間ふるさと館として復元されています。