諏訪神社御神像(非公開)

左腰に太刀を差し、右手は矢を執り、左手は扇状の持物を握る姿をした木造の男神立像です。寄木造りで玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)、頭部と両手首先は差込みで全体に彩色が施されています。面部の作風から17世紀頃の作と考えられます。