木造地蔵菩薩半跏像

右手に錫杖(しゃくじょう)、左手に宝珠(ほうじゅ)を持ち、蓮台の上に座して左足を垂下した地蔵菩薩で、光背(こうはい)は三個の宝珠を配した輪光(りんこう)です。寄木造りで玉眼嵌入(ぎょくがんかんかんにゅう)、肉身部は漆箔(しっぱく)です。耳孔や鼻孔は深く造られ、たいへん量感ゆたかです。江戸時代初期の作と考えられ、市内の仏教彫刻の中でも佳作といわれます。