木造阿弥陀如来立像

寄木造で玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)、肉身部は漆箔(しっぱく)、着衣部は金泥(こんでい)で仕上げられています。その造形には、南北朝~室町期にかけて全国的に流行した宋風の衣文表現や人間味あふれる面相などを留めています。