旧石川家墓地

天正19(1591)年に旧上和田村は旗本石川永正(ながまさ)の知行地となり、永正は村内に屋敷を構え、関ヶ原の合戦や大坂の陣に出陣しました。永正の子孫も大番(おおばん)・御納戸番(おなんどばん)・御小姓(おこしょう)などを勤め、将軍に仕えました。この墓地には、歴代当主および一族の墓碑や供養塔が建立されています。