短歌

大和市さくら文芸祭「短歌の部」の受賞作品です。作品をクリックすると、各作品の審査員講評をご覧いただけます。

大和市さくら文芸祭の詳細はこちら

令和2年度

令和2年度

最優秀賞 石邉 綾子 かなしみは私だけではないのだと少し歪んだ満月の夜
優秀賞 飛鳥 栄司 忘れ得ぬふるさと昭和を携えて祭囃子のあとの晴曇
優秀賞 小川 理恵 「はんぶんこ」 言葉覚えて二歳児はみかん皮むき二人で食べる
優秀賞 高橋 敦子 読み返す文ありタンスの奥深く寂しい折の胸充たすべく
優秀賞 長谷部 誠一 まだ言葉芽生えぬ吾子に陽は注ぎ未来のことば蓄えている
優秀賞 浜谷 マリヤム 六人が立候補した委員会あるか不明の修学旅行

令和元年度

最優秀賞 高橋 敦子 胸元に抱へきれない漣の放つ光をこぼしゆく鴨
優秀賞 熊谷 うめ 消しがたき過去と思へばアルバムもしまい置きたり盲しいの今も
優秀賞 小林 宏子 受験する少女暗記の声ひびきばあばも合せる枕草子
優秀賞 長谷部 誠一 氷山が解け水位増す海水はきっと地球の涙なんだね

平成30年度

最優秀賞 阿部 由香里 あまたなるプラスチックの断片が海の生きもの飲み込んでいる
優秀賞 石邊 綾子 ため息の訳は枯葉のふきだまりふざけてばかりの季節のあとの
優秀賞 遠藤 加津樹 語り部は同年代の女の子くじけず生きる決意に涙
優秀賞 髙橋 すみ 新しき御代すこやかに歩まんと卒寿の筋トレ励みて居たり
優秀賞 橋本 涼 缶を蹴るカランと音はかなしくて平成時代はかえって来ない

平成29年度

最優秀賞 吉川 美智子
寒き夜の五叉路を渡る目の配り春降る雪のあわれにも似て
優秀賞 遠藤 加津樹 大会に間に合うように初めての化粧おそわる十七の春
優秀賞 小倉 克允 葉書にはあて名になしの印おされもどる紙面に叔母のほほ笑み
優秀賞 岸部 澄子 友に贈られし苗から育てた夏みかん碧天の下黄金に輝く
優秀賞 熊谷 うめ 山頂の鎮魂の鐘打ちたれば津波の跡地谺返さず
優秀賞 小林 宏子 手袋の中の百円あたたかし市民バス待つ通院の朝
優秀賞 品田 真央 シャトルだけ一心不乱に追いかけて夢の中でもラケット握る
優秀賞 髙橋 國眞佐 離陸待つ爆音木枯しに乗り広がる基地の街今日も青空
優秀賞 髙橋 スミ 去年よりの通院の先見えて来し銀の産毛の冬木が芽ぐむ
優秀賞 冨岡 繁 バス停で「ご一緒しましょ」白い杖母に教わる小さな勇気
優秀賞 中村 優奏 ふみちゃんの笑顔に救われ乗りきったバスケ部の日々いま宝もの
優秀賞 山崎 正治 吾の若き昭和の佳き日残りいる波郷が撮りし写真のなかに
優秀賞 山下 榮一 「コツコツ」の音ふりあおぐ桜樹を番の小啄鳥はらせんにのぼる

平成28年度

最優秀賞 福島 義夫 風神に全葉落とされどっしりとけやき大樹は瞑想に入る
優秀賞 秋山 和慶 ひと前で吟じた経験振り返る僕のこころについた筋肉
優秀賞 熊谷 うめ 桐の木の三本聳える裏庭も一葉散るごと過去となりゆく
優秀賞 高橋 敬介 高空にジェット気流の二本線消しゴム握って駆け上がりたし
優秀賞 橘 貴之 スーパーの惣菜つくりのパート母 家事もこなしてスーパーレディー
優秀賞 中川 德子 市役所の百合の木の花清々しスマホに乗せてベッドの君に
優秀賞 吉田 美代子
シリウスへオー・シャンゼリゼ口ずさみ今日読む本は昨日の続き
最優秀賞 石邉 綾子
かなしみは私だけではないのだと少し歪んだ満月の夜
優秀賞 飛鳥 栄司
忘れ得ぬふるさと昭和を携えて祭囃子のあとの晴曇
優秀賞 小川 理恵
「はんぶんこ」 言葉覚えて二歳児はみかん皮むき二人で食べる
優秀賞 高橋 敦子
読み返す文ありタンスの奥深く寂しい折の胸充たすべく
優秀賞 長谷部 誠一
まだ言葉芽生えぬ吾子に陽は注ぎ未来のことば蓄えている
優秀賞 浜谷 マリヤム
六人が立候補した委員会あるか不明の修学旅行

令和元年度

最優秀賞 高橋敦子
胸元に抱へきれない漣の
放つ光をこぼしゆく鴨
優秀賞 熊谷うめ
消しがたき過去と思へばアルバムも
しまい置きたり盲しいの今も
優秀賞 小林宏子
受験する少女暗記の声ひびき
ばあばも合せる枕草子
優秀賞 長谷部誠一
氷山が解け水位増す海水は
きっと地球の涙なんだね

平成30年度

最優秀賞 阿部由香里
あまたなるプラスチックの断片が
海の生きもの飲み込んでいる
優秀賞 石邊綾子
ため息の訳は枯葉のふきだまり
ふざけてばかりの季節のあとの
優秀賞 遠藤加津樹
語り部は同年代の女の子
くじけず生きる決意に涙
優秀賞 髙橋すみ
新しき御代すこやかに歩まんと
卒寿の筋トレ励みて居たり
優秀賞 橋本涼
缶を蹴るカランと音はかなしくて平成時代はかえって来ない

平成29年度

最優秀賞 吉川美智子
寒き夜の五叉路を渡る目の配り
春降る雪のあわれにも似て
優秀賞 遠藤 加津樹
大会に間に合うように初めての
化粧おそわる十七の春
優秀賞 小倉 克允
葉書にはあて名になしの印おされ
もどる紙面に叔母のほほ笑み
優秀賞 岸部 澄子
友に贈られし苗から育てた夏みかん
碧天の下黄金に輝く
優秀賞 熊谷 うめ
山頂の鎮魂の鐘打ちたれば
津波の跡地谺返さず
優秀賞 小林 宏子
手袋の中の百円あたたかし
市民バス待つ通院の朝
優秀賞 品田 真央
シャトルだけ一心不乱に追いかけて
夢の中でもラケット握る
優秀賞 髙橋 國眞佐
離陸待つ爆音木枯しに乗り広がる基地の街今日も青空
優秀賞 髙橋 スミ
去年よりの通院の先見えて来し
銀の産毛の冬木が芽ぐむ
優秀賞 冨岡 繁
バス停で「ご一緒しましょ」白い杖
母に教わる小さな勇気
優秀賞 中村 優奏
ふみちゃんの笑顔に救われ乗りきった
バスケ部の日々いま宝もの
優秀賞 山崎 正治
吾の若き昭和の佳き日残りいる
波郷が撮りし写真のなかに
優秀賞 山下 榮一
「コツコツ」の音ふりあおぐ桜樹を
番の小啄鳥はらせんにのぼる

平成28年度

最優秀賞 福島 義夫
風神に全葉落とされどっしりと
けやき大樹は瞑想に入る
優秀賞 秋山 和慶
ひと前で吟じた経験振り返る
僕のこころについた筋肉
優秀賞 熊谷 うめ
桐の木の三本聳える裏庭も
一葉散るごと過去となりゆく
優秀賞 高橋 敬介
高空にジェット気流の二本線
消しゴム握って駆け上がりたし
優秀賞 橘 貴之
スーパーの惣菜つくりのパート母
家事もこなしてスーパーレディー
優秀賞 中川 德子
市役所の百合の木の花清々し
スマホに乗せてベッドの君に
優秀賞 吉田 美代子
シリウスへオー・シャンゼリゼ
口ずさみ今日読む本は昨日の続き