戦争体験記「記憶」

悲惨な戦争の教訓を後世に伝え、世界の恒久平和を願い、求め、実現させていくことは、私たちの大きな責務といえるでしょう。
今日でも世界のいたるところで、民族紛争等が勃発しています。
本当に平和な世界を実現させるために、私たちができることは、一人ひとりが平和について考え、戦争の記憶を風化させることなく、次世代へつなげていくことではないでしょうか。イラスト

本市におきましては、戦後50周年にあたる平成7年に、28人の市内在住(1995年現在)の方に戦争体験記を綴っていただきました。 やまとバーチャル平和祈念館では、これらの戦争体験記をご紹介させていただきます。

第一章「戦争被害」

1.「沖縄激戦地の悲劇」 野崎やす子さん
2.「悲惨な横浜空襲の思い出」 長沢義雄さん
3.「横浜大空襲の事」 花川久子さん
4.「私の戦時生活 鴨井勇さん
5.「空襲罹災の思い出」 庄子勇さん

第2章「戦時中の思い出」

6.「青春の思い出を胸に半世紀」 八田三郎さん
7.「環境と順応支配」 遠藤了一さん
8.「私の引揚記」 宮本政子さん
9.「戦中・戦後の生活」 伊藤美登さん

第3章「軍隊」

10.「一兵士の戦争体験」 弘津庄一郎さん
11.「忘れじ軍隊の悪夢」 北村明延さん
12.「戦地沖縄での思い出のメロディー」 三上正雄さん
13.「不戦兵士の覚書」 鬼塚一夫さん
14.「戦後50年に憶う」 村上淳男さん
15.「戦争と私」 大島次郎さん
16.「香港攻略の思い出」 荻窪福海さん
17.「戦局益々我に利あらず」 岡本与吉さん
18.「平和を願うための過酷な戦場の一面を」 根岸俊郎さん
19.「軍隊生活の中から」 大森義三さん
20.「タイ国「シンゴラ」の砂浜へ泳ぎつく」 近藤文行さん
21.「北支戦線に参加して」 木下欣一さん
22.「ラエのブス川を染めた鮮血」 富澤美晴さん

第4章「戦後復興」

23.「我が家の戦後復興記」 岡崎信英さん
24.「私の一生の思い出」 小川よしのさん

第5章「大和市と戦争」

25.「鶴間新町の空襲」 小松一男さん
26.「戦中・戦後の渋谷村」 山下武雄さん
 大和市(緑野地区)における空襲を体験された小松一男氏の生の話を聞くことができます。

(機種によっては聞き取りにくい場合がありますが、ご容赦ください。)

 映像や音声をご利用いただくには、Windows Media Playersが必要です。お持ちでない方は、下のアイコンをクリックして入手してください。(無料)


大和市戦争体験記集「記憶」(平成8年3月発行)から、了解を得られた分について掲載させていただきました。

区切り線

大和市のホームページへ 大和市トップページへ 平和祈念館ホームページへ 平和祈念館トップページへ

区切り線

大和市章 〒242−8601 神奈川県大和市下鶴間1−1−1 
大和市役所市民経済部広聴相談課
TEL:046−260−5164
大和市章

お問い合わせはこちら

Copyright©2001 Yamato City Goverment.All right reserved.