井上 なぎさ さん
アトリエにて






● 鍛金を始めたきっかけ
「自分は彫刻家になりたいのに、大学で工芸科にいたんですよね。工芸の中でも他のものに比べ表現が自由で、彫刻のようなものもできる、そんな鍛金に惹かれました。恩師が鍛金家だったということもあります。」
● 井上さんにとって鍛金とは
「鍛金の技術は、自分にとって彫刻で自己表現するために必要な技術です。その技術によって大きな野外彫刻も自分一人で作ることが可能で、それは一人の女性として自立しているんだという自己表現にもなっているのでしょうか。」
作品を造る時には、制作の技術だけでなく自分の内面的なものもしっかりしていないといけないようです。井上さんは鍛金が心も鍛えてくれるものだとおっしゃっていました。
● 「人体」がモチーフなのは
「安藤さんが大学の先輩で動物を造っていました。それを見て、人体も表現できるんじゃないかなって思ったんです。」
鍛金で人体を造る人は珍しいそうです。固くて冷たそうな金属が持つイメージとは違った、丸みを帯びた、温かみのようなものが井上さんの人体作品には漂っています。井上さんの作品には人体だけでなく、樹や雲など、自然にあるものをモチーフにした作品も目につきます。今後も人体を中心に据えつつ、他の自然物も作っていきたいと考えているそうです。

● 作品を前にした人に一言
「造り上げた作品は、完成の時点で自分の手を離れたという気がします。作品は作品として自由に見ていただきたいと思います。」

● 大和市についても一言
「家がとても多いという印象。普通の人が普通に暮らすにはいい町。小さな幸せのある町。」




井上さんは旧姓で作品を発表されているため、美術関係者の中には、安藤さんと井上さんがご夫婦だと聞き、驚く人も多いようです。井上さんは、自分は自分、一人の鍛金作家なのだという気概が決してピリピリした感じでなく、とても気持ち良く感じられる方です。
井上さんは大和市で働く人として、市の審議会や協議会の委員としても活躍されています。以前そのような会議でご一緒させていただいた時に井上さんは、「自分も勉強させてもらいに来ました。」と常におっしゃっていました。明るく楽しい人柄と、その何でも吸収しようという姿勢は、ぜひ見習わせてもらいたいと感じたのを覚えています。



(平成11年12月/写真協力:井上 なぎさ さん/文責:柴田 豊)

作品集

戻る