アトリエ訪問



大久保 信昭 さん (洋画家)


・ 画家の方達の多くが、それぞれ好きなモチーフをお持ちのようですが、今回ご紹介する大久保信昭さんは、日本の古い民家を中心に絵を描き続けていらっしゃる方です。

・ 大和市には1999年、美術協会が発足しました。その初代会長が大久保さんです。学校教育の現場で、長く造形教育の研究をされてきた大久保さんは、今、地域の芸術文化振興に尽力されています。

アトリエにて

作品集





大久保 信昭 さん プロフィール

1930(昭5)・・・・・神奈川県横須賀市に生まれる
1949(昭24)・・・・神奈川師範学校卒業
1949(昭24)・・・・横須賀市立豊島小学校教諭
1951(昭26)・・・・神奈川県立教育研究所所員
1954(昭29)・・・・研究紀要「低学年の絵はどのように発達するか」出版・以後、子どもの絵と学力との関係や造形教育の研究を深め、様々な場所、媒体で研究成果を発表
1960(昭35)・・・・川崎市立苅宿小学校教諭・以後川崎市内の小学校で教鞭を執り、教頭、校長を歴任
1978(昭53)・・・・第1回の個展を開催
1985(昭60)・・・・全国教育美術展審査員を務める
1990(平2)・・・・・川崎市立日吉小学校長として、造形教育を生かした新校舎作りが話題となりマスコミ等に取り上げられる
1991(平3)・・・・・それまでのあゆみ「造形への夢」出版
1999(平11)・・・・大和美術協会初代会長に就任

他、民家の絵を中心に精力的に作品作りを進めながら、個展、グループ展、講演会講師などでも活躍中。湘風会委員・大和美術協会会長


もどる
次のページへ(奥山たか子 さん ・日本画家)



インターネット美術館トップページ市所蔵美術品アトリエ訪問
大和市文化祭さくら文芸祭文化振興課トップページ大和市トップページ


大和市文化スポーツ部文化振興課
TEL:046-260-5222 / FAX:046-263-2080
このページのお問い合わせはこちら