『日本一の図書館』があるまち『日本一の図書館』があるまち

 小田急線と相鉄線が乗り入れる大和駅から歩いて3分、陽光に照らし出される建物が、図書館を中心に、芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場が入った複合施設「文化創造拠点シリウス」です。

    大和駅から徒歩3分
  •  この施設は、開館から3年で累計来館者数1000万人を超えた図書館で、来館者数は日本一と言われています。日本全国にある、ありふれた施設ともいえる図書館に、どうしてこんなにたくさんの人が集まっているのでしょうか!?

INTRODUCTION

シリウスの魅力を
徹底解剖!!

 図書館は、静かに本を読んだり、調べたりする場所。大和市は、このイメージを変える図書館を作りました。シリウスでの主役は、本ではなく人。本を読むということを大切にしながら、いろいろな人が笑顔で過ごせる場所にしたいと考えています。
来ていただいた方が「ずっといたい」「また来たい」と思ってもらえる、シリウスならではの工夫をご紹介します!

1F 魅力その1 コーヒーを片手にのんびり読書

  •  館内に一歩入ると、3階まで吹きぬけのあるエントランスホールと、コーヒーの香りがあなたをお迎えします。1階にはカフェが併設されていて、ここで買ったものを含め、館内全てで飲み物と一緒に本を楽しめます。

  • 1Fの吹き抜けエントランス
    • 1F
    • 1F

2F 魅力その2 チケットを買ってラグジュアリーに過ごす

  •  2階の窓際には、勉強、ビジネス、読書、歓談など、さまざまなシーンでご満足いただけるよう、より座り心地の良い椅子と電源、有線LANを備えた有料スペース「市民交流ラウンジ」をご用意。使い方も簡単で、券売機でチケットを買うだけ。休日には、順番待ちができるほど人気の高いコーナーとなっています。

  • チケット制の「市民交流ラウンジ」

3F 魅力その3 「図書館はお静かに」は、もう古い!?図書館で楽しもう!

  •  3階は、遊んで学べる「大和こどもの国」。子どもたちが思い切り楽しめるような空間となっています。赤ちゃんから楽しめる絵本や児童向けの本、さらには紙芝居など、お子さんの年齢に応じたおすすめの図書を揃える「こども図書館」の中に、「こどもシアターブース」、「こども読書室」があります。また、親子の読み聞かせなどに利用できる「おはなしのへや」も人気です。
     そのほか0歳~2歳までの乳幼児の親子がおもちゃなどで楽しく遊べる「ちびっこ広場」や、有料となりますが「げんきっこ広場」があります。ここでは3歳から小学校2年生を対象に、専門のスタッフがボーネルンドプロデュースの遊具を使い、さまざまなあそびを提案します。
     令和3年4月1日からは、シリウスを利用される保護者の方だけでなく、理由を問わずリフレッシュしたいときにも利用可能な最大4時間までお子さんをお預かりする保育室も完備しています。

  • 絵本や紙芝居がたくさん!「こども図書館」
    • 3F
    • 3F

4F 魅力その4 会話もOK。くつろぎながら読書を

  •  4階は「健康都市図書館」。健康に関する本が集まっているだけでなく、実際に血管年齢や脳年齢を測定する機器で、体のことを調べることもできます※2。またここでは、だれもが心休まる時間を過ごしてもらいたいと考え、本以外にも、新聞、雑誌、漫画を多数ご用意しています。特にまんがコーナーは、子どものころに夢中になった思い出のシリーズから、最近はやりの作品まで、充実の品ぞろえとなっています。

    • ※1 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、館内での会話は可能な限りご遠慮頂いております。
    • ※2 現在、休止中です。
  • 新聞・雑誌漫画も読める!
    • 4F
    • 4F 健康テラス

5F 魅力その5 「図書館といったらこの雰囲気」という方はここに

  •  5階は、クラシカルな図書館のフロア。静かな空間で読書だけでなく、勉強したり、調べ物をしたりといったことが、思う存分できます。中でも、一人の時間に集中できるよう、一席ごとに間仕切りを設けた読書室※は人気のスペースとなっています。

    • ※現在は閉鎖中です。
  • 落ち着いたシックな雰囲気!
    • 5F
    • 5F

6F 魅力その6 “ぷらっと”休憩、テラスで息抜きも。

  •  読書や勉強に疲れたら6階の「ぷらっと大和」へ。歓談や食事がOKな交流スペースで、テラスに出ることもできます。

    • ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在食事はできません。
  • 予約不要!「市民交流スペースぷらっと大和」
ほかにも!
  • POINT1

    人が主役の図書館だから
    とにかく多い座席数!

     本はたくさんあるけど、座れない・読めない・過ごせないでは、本のためにある場所になってしまいます。そこでシリウスでは、約990席の座席をご用意しています。この数は、県内一となる席数で、全国でも指折りとなります。
     単純に席を増やしただけだと、狭い席に縮こまって座ることになってしまうので、一人一人の利用空間が分かりやすくなるように、仕切り線を設置してスペースを確保しました。また、対面の席が多いと、お互いの視線が気になるという問題もあるので、カウンター席が多いというのも大きな特徴です。たくさんの人が来てくれるのは、どこに座ってもリラックスして過ごせる、こんな工夫が支持されているのかもしれません。

    • ※現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、席数を減らしています。
  • POINT2

    フロアごとに表情が違う。
    だから飽きない

     これまでご紹介してきたように、文化創造拠点シリウスは、フロアごとに異なるテーマの図書館に出会えます。置いてある本の内容だけではなく、階層ごとに、本棚や椅子、机のデザイン・色も変えています。
    アミューズメントパークのように、たくさんの人に楽しんでいただき、その中でお気に入りのフロアを見つけていただくことを願っています。

文化創造拠点シリウスの、まだまだ紹介したいこと

 シリウスにはこのほかにも、2つのホールやギャラリー、市民交流スペースなど、まだまだ皆さんに紹介したいところがたくさんあります。
これまでお伝えしきれなかった施設については、施設紹介動画にまとめましたので、ぜひごらんください。

OTHER LIBRARY

駅直結!
中央林間図書館と
渋谷図書館をご紹介

  • 中央林間図書館

    中央林間図書館

     東急田園都市線「中央林間駅」に隣接する、商業施設中央林間東急スクエア内3階に、中央林間図書館があります。他のテナントと一緒のフロア内にあるため、買い物帰りや通勤・通学のすきま時間に立ち寄りやすいというのが特徴。
    全国でも珍しい「壁のない図書館」で、隣接するカフェからの飲み物の持ち込みができる、開放的な空間となっています。テナント形式のため、面積は約767平方メートルと図書館としては小さい方ですが、都心の図書館にも負けない、年間約87万人が訪れています。

  • 渋谷図書館

    渋谷図書館

     小田急江ノ島線「高座渋谷駅」の目の前、高座渋谷駅前複合ビル「IKOZA」内3階にあるのが、大和市立渋谷図書館です。こちらも商業施設と併設した図書館で、買い物ついでなどで立ち寄ることができます。