サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>災害にそなえて>火山について

ここから本文です。

火山について

    日本には111の活火山があり、そのうち、火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要として
選定された全国 47 の活火山については、気象庁が 24 時間体制で監視を行っています。
  大和市に影響を及ぼす可能性がある活火山としては、箱根山と富士山が挙げられ、それぞれ山頂
から本市境まで箱根山が約 40 km、富士山が約 65kmの位置にあります。

噴火した際の対応について

 本市においては、火山からの距離等の理由から、噴火による溶岩流や噴石等の影響はないとされており、
主に降灰の影響が大きいと予測されます。
 火山灰はとても小さいので、目や肺に入りやすいため、次のとおりの対策が必要となります。

〇コンタクトレンズをはずす
火山灰が目を傷つける恐れがあるため、コンタクトレンズをご使用の方は、コンタクトレンズを外し、眼鏡を
使用する等の対策を検討しましょう。
〇運転をなるべく控える
火山灰が降ると見通しが悪くなって、横断歩道などの表示が見えにくくなり、また、道路に火山が積もると
滑りやすくなって、自動車や自転車のブレーキが利きにくくなります。このため、不要不急な自動車や自転
車の運転は控えるようにしましょう。
〇防塵マスクやゴーグルまたは眼鏡を着用する
外出する際や火山灰の除去作業などをする際には、目や肺を守るため、防塵マスクやゴーグルまたは眼
鏡を着用するようにしましょう。
〇火山灰は水に流さない
火山灰は雨どいや下水につまりやすいので、流さないようにしましょう。
 

火山噴火の際の行動について

問い合わせ

 市長室 危機管理課 危機対策係(本庁舎3F案内図
電話:046−260−5728

ページの先頭へ戻る