サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>トピックス>警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

ここから本文です。

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

市民のみなさまが情報の意味を直感的に理解しやすく、適切な避難行動をとっていただけるよう、防災情報を5段階の警戒レベルを用いて情報提供することとなります。

警戒レベルと市民がとるべき行動

警戒レベル
市民がとるべき行動
行動を促す情報
警戒レベル5 [命を守る最善の行動]
既に災害が発生しています。命を守る最善の行動をしてください。
災害発生情報
※災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令します。
警戒レベル4 [避難]
避難勧告:避難対象地域の方は避難を開始してください。
避難指示(緊急):避難対象地域の方は直ちに避難してください。
避難勧告、避難指示(緊急)
警戒レベル3 [高齢者等は避難、他の方は準備]
避難対象地域の中で高齢者や障害のある方など避難行動に時間を要する方は避難を開始し、その他の方は避難をする準備を行いましょう。
避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル2 [避難行動の確認]
避難する場所は市が開設する避難場所の他に、自宅内の上階や、親族、知人宅、ホテル等の宿泊施設など自身の状況に合った避難先を検討しましょう。
注意報
警戒レベル1 [心構えを高める]
防災マップを見て、ご自身の避難の必要性を改めて確認しましょう。
早期注意情報
(警報級の可能性)
※1 警戒レベル1及び2は気象庁が発表します。
※2 警戒レベル3〜5は市が発令します。
※3 気象庁は、住民自ら避難の判断をくだす際に参考となるよう、気象情報に「警戒レベル〇(3〜5)相当」というように「相当」という表現を用いて発表しますが、市では、市内の状況を見極めて避難情報を発令するため、警戒レベルと警戒レベル相当は必ずしも一致しません。

問い合わせ

 市長室 危機管理課 危機対策係(本庁舎3F案内図

ページの先頭へ戻る