サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>災害にそなえて>風水害・雷災害

ここから本文です。

風水害・雷災害

 台風や豪雨は、到達時期や規模をある程度予測することができ、雷も同じようにある程度予測できると言われています。天気予報や気象庁から発表される情報(注意報・警報)に注意してください。このページでは、風水害・雷災害対策の基本について紹介します。
 大雨や台風等が予想される場合には、あらかじめ気象情報を確認して、風で飛ばされそうなものへの措置や排水溝周りの清掃など、適切な対策をとりましょう。また、雨風が強くなってきた場合にも大和市からの情報と合わせて、以下のサイトなどを用いて、状況確認を行って適切な避難行動をとってください。


気象警報・雨量等

気象庁HP
http://www.jma.go.jp/jp/warn/
発令中の気象警報・注意報が確認できます。また、高解像度降水ナウキャストでは250m解像度の降水分布の予測を30分先まで確認できます。


国土交通省XバンドMPレーダネットワーク(XRAIN)
http://www.river.go.jp/xbandradar/
1分毎に更新される雨量情報を確認することができます。


河川水位・浸水想定区域

神奈川県雨量水位情報
http://www.pref.kanagawa.jp/sys/suibou/web_general/suibou_joho/
大和市内の境川・引地川の状況をライブカメラで確認することができます。


大和市防災マップ大和市地図情報サービス
地図面から大和市の浸水想定区域、急傾斜地危険箇所、避難生活施設の位置が確認できます。


土砂災害

神奈川県土砂災害情報ポータル
このページでは、土砂災害警戒区域や砂防三法の指定区域を確認できます。
また、降雨時には雨量予測情報も確認いただくことができます。

 

災害から身を守ろう(気象庁ホームページより)
風水害をはじめ、自然災害に備えるには、まず「自然災害」を知ることが大切です。正しい知識を身に着けて、いざというときに落ち着いて、正しい行動ができるようにしましょう。気象庁のホームページ「災害から身を守ろう」のページでは、動画でわかりやすく掲載されています。

風が強くなったら

◇家の中にいるとき
・風圧や飛来物で窓ガラスが割れ、破片が吹き込むことことがあるため、雨戸を閉めカーテンを閉める。
◇外出中のとき
・看板が飛んだり、街路樹が倒れたりする危険があるため、近くの建物の中に避難する。
◇海岸近くでは
・海への転落や高波、高潮に巻き込まれる可能性があるため、速やかに高台に避難する。

風の強さと想定被害

大雨になったら

◇家の中にいるとき
・床下・床上浸水に備え、貴重品などは2階へ移動しましょう。
◇車を運転中
・水が少ない道を選びながら、ゆっくりと高台へ避難しましょう。
・走行中、浸水でエンストしたときは、無理にエンジンを再始動させない。
・アンダーパスなど水がたまりやすい道は避けましょう。
◇河川流域では
・急な増水や土砂災害に注意しましょう。
※近年発生している短時間で局地的な豪雨発生の予測が難しく、急激に状況が変化するため、少しでも危険を感じたら、直ちに避難してください。
 

雨の強さと想定被害

台風について

 台風が発生し、日本に近づいてくると連日テレビやラジオを通して、台風の勢力や進路予報についての情報が知らされます。
台風による被害に合わないためにも正しい情報を入手しましょう。
 
 台風に関する詳しい情報は http://www.jma.go.jp/jp/typh/(気象庁)
 

雷について

 雷は「ゴロゴロ」と来たら注意をし、稲光がしたらすぐに避難しましょう。
 誤った判断で被害にあうことが゙ないように注意しましょう。
 
 
 
◇家の中にいる時
・壁や柱から離れ部屋の真中へいるようにしましょう。
・家電製品が雷サージで故障することがあるので、電灯線、電話線は雷がおさまるまで切り離しておきましょう。
※雷サージ
   雷電後、瞬間あるいは断続的電圧や電流が異常に上昇する現象。
◇外出中のとき(雷)
・建物や車の中に避難しましょう。
・木や電柱からできるだけ離れるようにしましょう。
・近くに避難する場所がない場合は、姿勢を低くしましょう。
 
雷に関する詳しい情報は
 http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/ (気象庁)
  をご覧下さい。

土のう

大雨や台風、ゲリラ豪雨などによって引き起こされる浸水被害。土のうは、こうした水害から家財を守るのに効果を発揮します。しかしながら、土のうはいざというときに使うことがほとんどのため、多くの方がその使い方をご存知ないと思います。

そこで市は、このたび「解説!土のうの積み方」という動画を作りました。

いざというときに土のうを積むときは、ぜひ参考にしてください。


【土のうがほしい】土のうの配布を希望されるかたは、下記URLにリンクしてある「土のうの配布について」で申請方法などをご確認くださるようお願いいたします。


土のうの配布について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

 市長室 危機管理課 危機対策担当(本庁舎3F案内図
電話:046−260−5728

ページの先頭へ戻る