サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>避難所・ハザードマップ>避難

ここから本文です。

避難

 地震による火災が拡大したとき、風水害、あるいは有毒物の拡散により生命に危険が及ぶような場合には避難が必要となってきます。このページでは、避難するときの留意点や避難場所について紹介します。

避難施設の種別

 避難場所の区分は、次の5つに分類されます。
1.一時避難場所
2.広域避難場所
3.指定避難所
  3-1.避難生活施設
  3-2.特定指定避難所
4.指定緊急避難場所
5.一時滞在施設

1.一時避難場所(あなたの地域の避難先)

◇災害の発生により、とりあえず避難して、災害の状況を判断し、正しい情報を得たり、自主防災会の活動の拠点等となる場所で各自主防災会が指定します。主に地域内の公園や空地が指定されています。
◇平成27年4月現在、危機管理課で把握している自治会別の避難先(避難施設)を表にまとめました。
 変更等がございましたら、危機管理課までご連絡ください。

2.広域避難場所

◇大火災の発生という最悪の状況下において、その火災による炎・輻射熱・煙におかされることなく安全が確保できる一定の基準を満たした空地。県の定める基準により市が指定します。
◇広域避難場所への避難が必要なときは、市から案内します。
◇市では、次の13箇所を広域避難場所に指定しています。
 1.相模カンツリー倶楽部(中央林間西七丁目1-1)
 2.大和高校・つきみ野中学校(つきみ野三丁目5)
 3.大和西高校・南林間小学校・南林間中学校(南林間九丁目3)
 4.一ノ関・城ヶ岡(下鶴間2714)
 5.泉の森(上草柳588)
 6.大和スポーツセンター(上草柳一丁目1−1)
 7.大和東高校・大和東小学校(深見1760)
 8.横浜銀行大和総合グランド(草柳一丁目22)
 9.引地台公園・引地台中学校(柳橋四丁目5000)
 10.大和南高校(上和田2557)
 11.引地川公園ゆとりの森(福田4112)
 12.藤沢ゴルフクラブ(綾瀬市深谷南7−2−1)
 13.いちょう団地(下和田262)
 ※各場所の位置は、こちらの地図から確認ができます。

3.指定避難所

3.指定避難所
◇3-1.避難生活施設
災害などにより、住居を失った方が一時的に生活を行う施設です。災害などの状況により災害対策本部長(市長)が開設する避難生活施設を決定します。市内の市立小・中学校、高校等の33箇所を指定しています。
◇3-2.特定指定避難所(福祉避難所)
避難生活施設で生活を行うことが困難な要援護者等の方々のための施設で次の23箇所を指定しています。
1.保健福祉センター
2.勤労福祉会館
3.松風園
4.コミュニティセンター20館

大和市の指定避難所の詳細はこちら
 
 
 
 

4.指定緊急避難場所

災害が発生した場合に安全かつ迅速な避難を行うため、災害対策基本法第49条の4に基づき、政令で定める基準に適合する場所または施設で異常な現象の種類ごとに定めています。
大和市では広域避難場所や避難生活施設等を地震や洪水といった災害ごとの避難先として、整理して指定しています。

大和市の指定緊急避難場所はこちら

5.一時滞在施設

災害時に駅周辺の滞留者や路上等の屋外で被災し、帰宅困難となった者を一時的に受け入れる施設です。鉄道の運休や遅延などの状況から判断して開設します。一時滞在施設では、休憩場所や鉄道の運行情報などの情報提供を行います。
大和市の一時滞在施設
・やまと芸術文化ホール
・草柳小学校
・各学習センター(林間を除く)
・三機工業事業所

避難するときは

◇避難するときの留意点
@避難する前に、火の元の点検をし、電気のブレーカーを切る。
A安全な服装にする。(長袖、長ズボン、底の厚い丈夫な靴、防災ずきん、軍手や手袋)
B非常持出品はリュックサックに入れて背負う。
C歩いて避難する。(車両は禁止)
D高齢者や子どもはしっかり手をにぎる。
E近所の人たちと集団で避難する。
F狭い道、塀のそば、川沿いは避ける。
G指定された避難先(避難施設)へ避難する。

避難に関する情報

◇避難準備・高齢者等避難開始
事態の推移によっては避難勧告や避難指示(緊急)を行うことが予想されるため、避難準備を呼びかけるものです。避難するのに時間を要する方(高齢者、障がい者、乳幼児をお連れの方)は、指定された避難場所への避難行動を開始してください。そのほかの方も、いつでも避難できるよう準備をしてください。
◇避難勧告
避難対象地域内のすべての住民に対し、避難を促すものです。指定された避難場所への避難行動を開始してください。
◇避難指示(緊急)
危険が切迫したときに発せられるもので、避難対象地域内のすべての住民は、ただちに避難行動を開始してください。外に避難することで、かえって命に危険が及ぶような状況では、建物の2階以上などの安全を確保できるところへ避難してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

 市長室 危機管理課 危機対策担当(本庁舎3F案内図
電話:046−260−5728

ページの先頭へ戻る