サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>災害にそなえて>ご家庭でも備蓄をお願いいたします!

ここから本文です。

ご家庭でも備蓄をお願いいたします!

 

家族構成に合わせ、備蓄品の準備をしておきましょう

大きな地震の後は、ライフラインにも影響が及びます。
熊本地震では、電力の復旧に5日程度、水道の復旧に2週間程度かかりました。震災後の自分を守るため、「食料」「飲料水」「携帯トイレ」を最低3日分、可能であれば1週間分備蓄しましょう。
そのほかの非常持ち出し品として目安となるものは、次のとおりです。
※ここに記載してあるものは一例です。各家庭で必要と思われるものをご用意ください。
【主な非常持ち出し品(災害発生時すぐに持ち出すもの)】
●道具類
・懐中電灯 ・携帯ラジオ ・電池 ・携帯電話 ・充電器
●非常食・水(最低3日分)
・非常食(アルファ化米、レトルト食品、缶詰など) ・飲料水 ・粉ミルク ・離乳食
●生活用品
・携帯トイレ  ・トイレットペーパー  ・ウエットティッシュ ・マスク ・生理用品 ・紙おむつ
●安全対策品
・ヘルメット ・軍手 ・レインコート
●貴重品
・現金 ・本人確認書類 ・健康保険証
●医薬品など
・救急セット ・常備薬、持病薬 ・おくすり手帳
【主な備蓄品(落ち着いてから持ち出すもの)】
●食料・飲料水
・アルファ化米、レトルト食品、乳児がいる場合はミルク(哺乳瓶も)など ・飲料水(ペットボトル入りだと持ち運びに便利です) ・調味料
●衣類
・タオル ・洗面用品 ・上着 ・下着など
●その他
・卓上こんろ ・ビニール袋 ・ライター ・うちわ
 

食物アレルギーのあるかたは特に注意

市では、食物アレルギーの原因となる食品をできるだけ排除した非常食を備蓄していますが、発災後の状況によって十分に行きわたらない可能性があります。食物アレルギーのあるかたは、十分な備蓄をお願いします。

災害時にもっとも困るのは「トイレ」

災害時には、水や食料、寝る場所など、さまざまなものが不足しますが、その中で大変困ってしまうのが「トイレ」の問題です。水や食料は、多くの人は摂取しなくてもある程度の期間は耐えることができますが、トイレだけは数時間内にだれもが必要となります。水や食料と同様に、携帯トイレの備蓄をお願いします。

非常食のローリングストックを

非常用に、水や食料を備蓄しておこうと思っていても、「何を用意すれば分からない」というかたや、「買っておいた物の賞味期限がいつの間にか切れていた」というかたは多いと思います。 そこで、市では非常食の「ローリングストック法」をお勧めしています。これは、ふだん食べたり飲んだりしている物を多めに買い置きし、消費した分を補充することで、自然と備蓄ができるという方法です。ローリングストックで、無理なく非常食を備蓄しましょう。

非常食をふだんの生活に取り入れましょう

現在は、多種多様な非常食が販売されています。その中には、非常時にだけしか口にしないのはもったいないような、ふだんの食生活に取り入れられる便利でおいしい物がたくさんあります。購入した後は非常持ち出し袋などにしまい込んでそのままにしてしまうのではなく、ローリングストックをする意味でも、非常食をふだんの生活に取り入れてみませんか。

【農林水産省 東海農政局でレシピ公開中!】
 東海農政局では、平成29年8月31日、愛知学院大学との共催で「災害用備蓄食品を活用した簡単レシピ試食会」を開催し、同会で学生が発表した災害用備蓄食品活用レシピをレシピ集にまとめ、ホームページに公開しています。アルファ化米、レトルトご飯、缶詰、保存用ビスケットを使用した14メニュー紹介しています。

東海農政局 災害用備蓄食品活用レシピの紹介ページ

「賞味期限」と「消費期限」

食品には、「賞味期限」と「消費期限」のどちらかが表示されています。
「賞味期限」は、袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のことです。缶詰、レトルト食品、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎてしまったとしても、適切な保存方法下であれば食べられる可能性があるので、確認してみましょう。なお、一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしてください。

「消費期限」は、袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のことです。お弁当、サンドイッチ、生めんなど、いたみやすい食品に表示されています。

※農林水産省ホームページ 子どもの食育「消費期限と」「賞味期限」より内容引用。

多様な非常食

・缶詰
 賞味期限は、一般的に2〜3年のものが多いようです。どのような食物でも缶詰に加工できないものはないといわれているとおり、世界では約1,200種類、日本では約800種類の缶詰が製造されています。缶詰は、安全性が高く長期保存ができ、栄養価も高いという優れた特徴を持っています。

・アルファ化米
 賞味期限は、一般的に3〜5年のものが多いようです。アルファ化米は、炊いたり蒸したりしたお米を急速乾燥させたもので、水や熱湯を注げばいつでもご飯が食べられるというものです。白米やおかゆ、炊き込みごはん、アレルギー物質や宗教上食べられない食品に配慮したものなど、多様な物が販売されています。

・レトルト食品
 賞味期限は、1年程度のものが多いようです。調理済みの食品を、アルミ箔・ポリエステルなどの耐熱・耐圧性の袋に密封し、高圧高温で殺菌したものです。ご飯、カレーやスープ類、ソース類、麺類があります。

・パンの缶詰
 賞味期限は、一般的に3〜5年のものが多いようです。缶詰内に、パンが入っており、開けてすぐ食べられるという特徴があります。プレーン味からチョコ、ドライフルーツ入りなど、種類も豊富です。

・カンパン、クラッカー、菓子類
 賞味期限は、一般的に5年程度のものが多いようです。非常食と言えばカンパンというイメージのかたも多いと思います。最近では、クラッカーや菓子類で長期保存できるものも販売されており、開けてすぐ食べられるという特徴があります。

・その他
 上記のほか、おでんや、カレーとご飯がセットになったふだんとして使うにも便利なものから、おもち、ようかん、カスタードクリームなどのおやつとなるものまで販売されています。 
 

問い合わせ

市長室 危機管理課 防災管理係(本庁舎3F案内図
電話:046-260-5777

ページの先頭へ戻る