サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>避難所・ハザードマップ>大和市防災マップ

ここから本文です。

大和市防災マップ

大和市では、広域避難場所、避難生活施設、医療救護所等、防災に関わりの大きい施設や大雨等による川の増水で浸水が想定される区域を記載した、「防災マップ」を、平成29年2月に更新しました。

大和市防災マップ

■大和市防災マップの誤表示のお詫びと訂正
平成29年2〜3月にかけて配布いたしました「大和市防災マップ」に誤表示があることが判明いたしました。ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫びいたしますとともに、以下のとおり訂正のご案内をいたします。なお、ホームページ上の「大和市防災マップ」につきましては、正しい情報に訂正しております。

【地図面】
1.大和市下鶴間3008番地付近の表示
正 → ※存在しない表示となります。
誤 → 下鶴間少年野球場

2.大和学園聖セシリアの避難生活施設の位置
正 → 聖セシリア女子短大(大和市林間2−6−11)
誤 → 大和学園聖セシリア事務所(大和市南林間3−10−1)

3.福祉施設の名称(大和市深見2106−1)
正 → ル・リアンふかみ
誤 → まごころ館大和東

4.大和商工会議所の位置
正 → JAさがみ大和支店北側(大和市中央5−1−4)
誤 → 大和市中央1−5−40

5.FMやまとの位置
正 → 大和市文化創造拠点シリウス内(大和市大和南1−8−1)
誤 → 大和市大和南1−7−11

6.野球場の名称(大和市柳橋4丁目5000−1)
正 → 大和スタジアム
誤 → 引地台野球場

7.桜ヶ丘中央病院の位置
正 → 旧位置から道路を挟んで東側へ(大和市福田1−7−1)
誤 → 大和市福田1−13付近

【情報面】
1.災害時の情報のページ・東海地震に関する情報内の小田急小田原線の駅名
正 → 相武台前駅
誤 → 相武台駅

平成29年2月更新「防災マップ」

防災マップ
今回の主な更新は、次のとおりです。
1.土砂災害警戒区域を地図面に掲載
2.指定緊急避難場所を地図面に掲載
3.雨水出水はん濫への注意を情報面に掲載
4.大和市における土砂災害と前兆現象を情報面に掲載

防災マップ本文

浸水想定区域

 境川及び引地川がはん濫した場合の浸水想定区域と浸水した場合に予想される水深を示したものです。水深凡例はこちらをご覧ください。
1.境川の場合:「100年に一度の確率(24時間雨量292mmの降雨)」【平成18年8月指定】
2.引地川(県道丸子中山茅ヶ崎線より下流部)の場合:「30年に一度の確率(1時間雨量74mmの降雨)」【平成19年11月指定】
3.引地川(県道丸子中山茅ヶ崎線より上流部)の場合:「30年に一度の確率(1時間雨量74mmの降雨)」 【平成21年3月指定】
※1 河道の整備状況等を勘案して、洪水防御に関する計算の基本となる降雨が河川ごとに設定されているため、河川によって想定されている降雨確率が異なります。
※2 想定を超える降雨、内水のはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域以外の区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の水深と異なる場合があります。
※3 1.2.の浸水想定に関する表示は、神奈川県で調査した資料を引用しています。

土砂災害警戒区域

土砂災害警戒区域とは、土砂災害防止法に基づき、急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民の生命や身体に危険が生じる恐れがあると認められる区域のことです。区域の指定は、神奈川県が行い、公表したものです。詳しくは、こちらをご覧ください。

指定緊急避難場所

円滑かつ安全な避難を促進するため、災害の危険から緊急に逃れるための避難場所として、地震や風水害などの異常な現象の種類ごとに、指定した避難場所のことです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

 市長室 危機管理課 危機対策担当(本庁舎3F案内図
電話:046−260−5728

ページの先頭へ戻る