サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>「命の鐘」の放送について

ここから本文です。

「命の鐘」の放送について

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、最前線で働く医療従事者の皆さん、そのほか多くの方々への感謝と、感染拡大を防ぐために力を合わせて頑張ろうというメッセージを込め、令和2年4月25日(土)から6月27日(土)の毎週土・日曜日(緊急事態宣言の解除後は土曜日のみ)の午後7時に合わせて防災行政無線で鐘の音を鳴らしていました。
また、令和2年12月16日(水)からは、新型コロナウイルスの新規感染者が市内で10人以上確認された場合、翌日の夜7時に、令和3年1月10日(日)から令和3年3月21日(日)は毎週日曜日の夜7時にあわせて、防災行政無線で「命の鐘」を鳴らしていました。
この取り組みは、感染リスクにさらされながらも厳しい勤務状況が続く医療従事者に感謝の気持ちを表す「命の鐘アクション」に賛同し、実施しているものです。

 

・大和市内の新型コロナウイルスの患者数についてはこちらをご覧ください。

・防災行政無線についてはこちらをご覧ください。

 

問い合わせ

 市長室 危機管理課 防災管理係(本庁舎3F案内図
電話:046−260−5777

ページの先頭へ戻る