サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>交通安全>トピックス>改正道路交通法の施行により、平成27年6月1日から、危険行為を繰り返す自転車運転者に講習の受講が義務化

ここから本文です。

改正道路交通法の施行により、平成27年6月1日から、危険行為を繰り返す自転車運転者に講習の受講が義務化

自転車事故のうち、約6割の自転車運転者に何等かの法令違反が認められています。自転車が加害者となり、高額の賠償を命じられるケースも少なくありません。

このため、危険な違反行為を繰り返して行った自転車運転者に対し、危険防止のための講習の受講を命じる制度が新設されました。

自転車の法令違反は、周囲の自動車や歩行者に迷惑をかけるだけではなく、自転車運転者の生命にもかかわる大変危険な行為です。今回の改正に合わせて、今まで以上に交通ルールを守るように心がけていきましょう。

自転車運転者講習制度の概要

自転車の運転に関して、信号無視や一時不停止等、特定の「危険行為」を過去3年以内に2回以上繰り返すと、「自転車運転者講習」の受講を命じられます。

命令を受けた人が指定された期間内に受講しないと、5万円以下の罰金が命じられます。

講習受講義務の対象となる危険行為

1、信号無視

2、通行禁止道路(場所)の通行

3、歩行者用道路での歩行者妨害

4、歩道通行や車道の右側通行等

5、路側帯での歩行者の通行妨害

6、遮断踏切への立ち入り

7、左方車優先妨害・優先道路車妨害等

8、右折時、直進車や左折車への通行妨害

9、環状交差点安全進行義務違反等

10、一時不停止

11、歩道での歩行者妨害等

12、制動装置不備の自転車の運転

13、酒酔い運転

14、安全運転義務違反

問い合わせ

大和市役所 都市施設部 道路安全対策課(本庁舎4F 案内図
交通安全・自転車対策担当
TEL 046-260-5118  FAX 046-260-5474

ページの先頭へ戻る