サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>福祉>地域福祉>こもりびと支援窓口 〜こもりびとコーディネーターが相談支援に応じます〜

ここから本文です。

こもりびと支援窓口 〜こもりびとコーディネーターが相談支援に応じます〜

 国はひきこもりについて、仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態としています。
 市では、いわゆるひきこもりの状態にある「こもりびと」(※)の当事者やそのご家族が抱える複合的な課題に対応するため、「こもりびと支援窓口」を設置し、「こもりびとコーディネーター」が、ひきこもっていることに伴う悩みや日常生活における困りごと、就労や社会活動、将来への不安などについての相談に応じ、適切な制度の案内や相談機関への取次のほか、必要に応じて担当課や関係機関への同行や訪問支援など、相談者に寄り添った支援を行ってまいります。

※大和市では、いわゆる「ひきこもり」の方々に寄り添っていきたいとの思いから、より温かみのある「こもりびと」という呼称を使ってまいります。


こもりびと支援講演会を開催します!(終了しました。)
子育て・親育て 〜こもりびと支援を考える〜
日時:令和2年1月18日(土) 13:00〜15:30
場所:大和市地域医療センター 2階 講習室
講師:白梅学園大学 教授 長谷川俊雄 氏
定員:100名
主催:大和市更生保護女性会・大和市
協力:大和市社会を明るくする運動推進委員会
※ちらしはこちら

こもりびと支援窓口

こもりびとコーディネーターが相談者に寄り添った支援を行います。ひとりで悩まずに、まずはご相談ください。
電話または直接、窓口までお越しください。(電話でのご予約をお勧めしております。)

対象となる方

 仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、概ね6か月以上、自宅にひきこもっている方とそのご家族。また、その傾向のある方とご家族です。  学齢期の児童・生徒は、必要に応じて各学校あるいは教育委員会青少年相談室に取り次ぎます。また、福祉的支援の対象とならないなど、相談の内容によっては30歳未満の方についても青少年相談室で対応します。

相談専用電話

専用電話 046-260-5625
窓口での相談のご予約も受け付けています。

問い合わせ

健康福祉部 健康福祉総務課 地域福祉係 (保健福祉センター5F 案内図
電話:046-260-5604  FAX:046-262-0999
このページに関するお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る