サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>福祉>地域福祉>平成27年度「福祉の日」の集い

ここから本文です。

平成27年度「福祉の日」の集い

毎年10月15日の大和市「福祉の日」にちなみ、平成27年度「福祉の日」の集いを次のとおり開催しました。
◇開催日時
日時:平成27年10月17日(土) 13時00分〜15時30分
場所:大和市保健福祉センター 1階ホール
参加者数:310名

内容

◇表彰式・・・福祉分野で貢献した個人や団体、優秀な福祉作文の表彰および朗読
◇大貫俊章氏による講演:テーマ「街へ出よう」 
◇南林間中学校合唱部による合唱
◇藤田恵美さん(ル・クプル)による「OMOIYARI音楽会」

大和市「福祉の日」市長表彰・大和市福祉推進委員会表彰

【大和市「福祉の日」市長表彰】
・高橋 ミヤ 様(生活上の障がいを克服して他の模範となっています。)
・マツ井美容室 様(永年地域福祉活動推進に尽力されています。)
【大和市福祉推進委員会表彰】
・小林 まさ子 様(永年生活上の障がいのあるご家族の介護をされています。)
・プロの演奏をお届けするフェリーチェ 様(永年地域福祉活動推進に尽力されています。)

大和市社会福祉協議会表彰

【大和市社会福祉協議会表彰】
・佐藤 勝彦 様(永年個人ボランティアとして地域福祉の向上に貢献されています。)
・天野 睦雄 様(永年個人ボランティアとして地域福祉の向上に貢献されています。)
・叶 森統 様(永年個人ボランティアとして地域福祉の向上に貢献されています。)
・石川ファミリーアンサンブル 様(永年ボランティアグループとして地域福祉の向上に貢献されています。)
・矢車草の会 車椅子レクダンス普及会大和支部 様(永年ボランティアグループとして地域福祉の向上に貢献されています。)
・相州南京玉すだれ会 様(永年ボランティアグループとして地域福祉の向上に貢献されています。)
・シニアクラブ“まほろば” 様(永年ボランティアグループとして地域福祉の向上に貢献されています。)
 
・理容コスゲ 様(永年理髪サービス登録店舗として地域福祉の向上に貢献されています。)
・髪工房イノセンス 様(永年理髪サービス登録店舗として地域福祉の向上に貢献されています。)
 
・橋 清 様(永年上草柳地区社会福祉協議会の会計、副会長及び会長として地域福祉の向上に貢献されました。)
・上田 博久 様(永年桜丘地区社会福祉協議会の副会長及び会長として地域福祉の向上に貢献されました。)
 
・坂上 雄治 様(永年生活上の障がいのあるご家族の介護をされています。)
 
・イトーヨーカドー労働組合大和鶴間支部 様(永年社会福祉のために多額の浄財を提供されています。)
・大和中央シティライオンズクラブ 様(永年社会福祉のために多額の浄財を提供されています。)
 
・橋 輝久 様(永年大和市社会福祉協議会副会長として本会の進展に貢献されました。)

福祉作文表彰

【福祉作文・市長表彰】
・小学生の部:「優しいぼくの弟」 舘山 平蔵さん(引地台小6年)
    ダウン症の弟が持つ心の優しさや、弟を支えてくれる周囲の方々への
    感謝の気持ちが伝わってくる作品です。
・中学生の部:「身近にある福祉」 中村 文音さん(南林間中1年)
    一人暮らしの祖母の暮らしぶりや看護学校に通ういとこなどの
    「身近な福祉」を通して、自身の今できることや将来の夢について
    考えていることが力強く書かれている作品です。
・高校生の部:「」 長岡 華菜子さん(鵠沼高等学校1年)
    毎日のようにすれ違う白杖を手にした「彼」を通して、
    街にある様々なバリアフリーへの気づき、障がいのある方に
    対する自身の心の変化について書かれている作品です。
【福祉作文・福祉推進委員会表彰】
・小学生の部:「私はサポート係」 阿部 芽生さん(中央林間小4年)
    大好きなおばあちゃんへのインタビューやサポート活動を通して、
    バリアフリーについて感じたことや、みんなが「幸福」になる街づくりへの
    考えが書かれている作品です。
・中学生の部:「勇気の一歩」 西田 拓輝さん(南林間中1年)
    「手話」をキーワードに聴覚障がい者の日ごろの生活に思いを巡らせると同時に、
    そのような方々に声をかける「勇気の一歩」を踏み出すことの大切さが
    書かれている作品です。
・高校生の部:「福祉と美容」 小松 美由留さん(聖セシリア女子高等学校1年)
    ご両親の経営している美容室を舞台に、バリアフリーの重要性や、
    要介護者や障がいのある方などの「美しくいたい」という思いに応えることの
    大切さなどについて書かれている作品です。
 
今年度は、市内の小、中、高校生の皆さんから全619作品のすばらしい福祉作文をお寄せいただきました。
その中から優秀作文として表彰された児童、生徒の皆さんによる作文の朗読に、会場内は深い感動に包まれました。
その様子を動画で掲載していますので、ぜひご覧ください。
 
 
 
 
 

イベント内容

大貫俊章氏による講演:テーマ「街へ出よう」

特別支援学級で担当した卒業生と現在も交流を続けるなど、心強い支援活動を展開され、昨年度大和市「福祉の日」市長表彰を受賞された大貫さんより、「街へでよう」というテーマで講演いただきました。交流活動の写真を交えながら、心に響く講演をいただきました。

南林間中学校合唱部による合唱

毎年NHK全国学校音楽コンクール、TBSこども音楽コンクールに出場し、地域の方々へ向けての演奏活動も行っている南林間中学校合唱部の皆さんに、「希空」、「プレゼント」、「雨のあと」、「夕暮れの歌声」の4曲の合唱を頂きました。多様な曲を素敵な歌声で披露頂き、来場者の方々も大満足の様子でした。

藤田恵美さん(ル・クプル)による「OMOIYARI音楽会」

藤田さんは1994年にル・クプル のボーカルとしてデビューされ、1997年に「ひだまりの詩」で180 万枚の売り上げを記録し、NHK紅白歌合戦に出場されました。
2001年からソロプロジェクトを始動し、2008年に愛知県の小学生と共につくった「OMOIYARIのうた」が全国の子供たちに歌われ始め、2010年からは全国を廻る、子供たちとの大合唱ツアー「OMOIYARI音楽会」をスタートしています。手話を交える音楽会が好評で今回はツアー149か所目として来て頂きました。
ひだまりの詩では、サビの部分の手話のレクチャーを交えながら会場の皆さんと手話をしながら歌っていただきました。最後には南林間中学校合唱部の皆さんと「OMOIYARIのうた」を一緒に歌っていただき、大変盛り上がりのある音楽会となりました。

来場者からの感想

当日行ったアンケートより、多く寄せられた感想をご紹介します。
・作文の朗読が良かった。心に響いた。
・南林間中合唱部の歌が良かった。
・藤田さんの「OMOIYARI音楽会」が良かった。手話も交えていて良かった。
・大貫先生の講演が良かった。
・バラエティに富んだ内容が良かった。
・若い人の福祉への思いがひしひしと伝わりました。今後もそういう社会づくりをしなければいけないと思いました。
・小学生のころから福祉に関心を持たれているのに驚きました。
・手話通訳の方が素晴らしかった。手話の大切さ、素晴らしさをあらためて感じた。
・隣にいた聴覚障がいの方とコミュニケーションが取れた。もっと多くの人が関われれば良い。
 
たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

問い合わせ

健康福祉部 健康福祉総務課 地域福祉担当 (保健福祉センター5F 案内図
電話:046-260-5604  FAX:046-262-0999
このページに関するお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る