サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>福祉>地域福祉>市民後見人養成・活動支援

ここから本文です。

市民後見人養成・活動支援

超高齢社会の進行などで、認知症などによる判断能力の低下により、法律行為が困難な方が増加しており、日常の金銭管理や契約などの法律行為を代理で行う成年後見のニーズがここ数年高まってきています。市民後見人は、そのような成年後見受け皿となる親族、専門職、法人に続く後見人として、その役割は大きく期待されています。
大和市では、平成30年度より「市民後見人養成講座」を実施しています。平成30年度から令和元年度にかけて第T期の市民後見人養成講座を実施し、3名の受講生が修了認定を受けました。今後、市民後見人等としてケースを受任できるよう、サポートしていきます。
※次期の市民後見人養成講座の開講については、日程等決まり次第、こちらのページでお知らせします。 

第T期市民後見人養成講座等について

問い合わせ

健康福祉部 健康福祉総務課 地域福祉係 (保健福祉センター5F 案内図
電話:046-260-5604  FAX:046-262-0999
このページに関するお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る