サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報市議会>市議会情報

ここから本文です。

市議会情報

「中央大学の学生との意見交換会を開催しました」

 平成30年2月6日(火)に文化創造拠点シリウスにおいて、本市議会議員と中央大学の学生との意見交換会を開催しました。この意見交換会は、昨年11月に中央大学とパートナーシップ協定を締結したことにより実現したものです。 
  はじめに、シリウスの施設見学を行い、次に意見交換を行いました。意見交換は、「子育てしやすい住みよいまちとは」、「若者にとって魅力的なまちとは」の2つのテーマに分かれて行いました。本市議会議員にとって、学生との意見交換は初めてであり、若い方々の柔軟な発想に刺激を受ける部分が多くありました。
 今後も、若い方々の意見を伺う機会も大切にし、市政の発展に取り組んでいきます。 

「中央大学との協定締結後初めての事業 議員研修会を開催しました」

 昨年11月の中央大学とのパートナーシップ協定締結後、初めての事業として、平成30年1月24日(水)に中央大学法学部教授の礒崎初仁氏を講師としてお招きし、「議会の政策づくりと議会基本条例検証の視点」をテーマに議員研修会を開催しました。
 講演は、「人口減少時代の課題と議会」、「議会の制度と改革」、「議会基本条例検証のポイント」の3つの柱を中心に進められました。同氏には、平成26年1月1日の議会基本条例制定以前にも議員研修会で講演いただいた経緯があります。現在、同条例の検証に向けて準備しているところであり、本市議会にご理解ある先生から、検証の視点を的確に示していただくなど、大変、有意義な研修会となりました。
 今後も研修会を通して、議員一人ひとりが研さんに努め、住みよい大和市の実現のために尽力していきます。

「中央大学とパートナーシップ協定を締結しました」

木村議長(右)と酒井総長・学長(左)
 本市議会と中央大学は、パートナーシップ協定を締結しました。
 平成29年11月2日に中央大学において、本市議会から木村賢一議長、中央大学からは酒井正三郎総長・学長と副学長、法学部長及び関係者が出席し締結式を執り行いました。大学とのパートナーシップ協定は、本市議会にとって初めてのことです。
 本市議会では、平成26年に「大和市議会基本条例」を制定し、これまで多くの議会改革に取り組んできました。 さらに、地域社会における政策課題への適切な対処と、地域の発展に資するためには、知的資源の集積である大学との連携・協力が必要であると考え、この度の協定締結に至ったものです。
  今後、議員研修への講師派遣や議員による学生への講演等の実施により連携を深め、相互に協力して持続的発展に努めていきます。

問い合わせ

議会事務局 (本庁舎5F 案内図)  
電話:議事担当 046-260-5503 総務担当 046-260-5502
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る