サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>下水道>市の下水道>大和市の下水処理場について

ここから本文です。

大和市の下水処理場について

 市内の各地区から下水道管によって集められた汚水は、下水処理場で処理され境川へ放流されています。
 下水処理場は市内に北部処理区を受け持つ北部浄化センターと中部処理区を受け持つ中部浄化センターの2箇所あります。
 なお、中部処理区の一部区域については、いったん中部浄化センター分場へ集められ、圧送管により中部浄化センターへ送水されています。

大和市公共下水道処理区

大和市公共下水道処理区
北部処理区:中央林間、つきみ野、下鶴間地区
中部処理区:大和駅、鶴間駅、南林間駅、相模大塚駅、桜ヶ丘駅、高座渋谷駅の周辺
 
右の図を大きく拡大して見る

大和市の下水処理方法

 下水管で運ばれてきた下水(汚水)は、沈砂池で大きなゴミや砂などを取り除き、最初沈殿池で下水(汚水)をゆっくり流して、小さなゴミや泥を沈めてから反応タンクで微生物を多く含んだ汚泥(活性汚泥)を加えて空気を吹き込み、微生物の働きにより下水(汚水)をきれいにしています。
 さらに、最終沈殿池で汚泥(活性汚泥)と上澄水に分け、上澄水を塩素混和池で消毒してから境川へ放流しています。(こういう処理の仕方を「活性汚泥法」と呼びます)
 最初沈殿池と最終沈殿池で集められた汚泥は汚泥濃縮設備で濃縮し、汚泥脱水設備で脱水します。
 脱水された汚泥(脱水ケーキ)は焼却し、その焼却灰は再資源化による有効利用をしています。
(下水処理の全体フロー図)(PDF487KB)
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

北部浄化センター (案内図)
 大和市下鶴間2698番地
 電話:046-260-5791 
 
中部浄化センター (案内図)
 大和市深見3811番地
 電話:046-260-5786 
 
 

ページの先頭へ戻る