サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>教育・文化>学校>学校給食>全国学校給食週間〜給食展ポスター用絵画展示〜

ここから本文です。

全国学校給食週間〜給食展ポスター用絵画展示〜

毎年1月24日〜30日は「全国学校給食週間」です

毎年1月24日〜30日は「全国学校給食週間」です。
この機会に、学校給食について色々考えてみませんか?

「全国学校給食週間」とは?

戦争の影響で中断されていた学校給食が、米国のLARA(アジア救援公認団体)から給食用物資の寄贈を受けて、昭和22年1月から学校給食が再開されました。12月24日にこの給食用物資の寄贈式が行われたことから、12月24日を「学校給食感謝の日」と定めましたが、学校給食による教育効果を促進する観点から、冬季休業と重ならない1月24日から1月30日までの一週間を「学校給食週間」とし、学校給食の意義や役割について理解や関心を深めるために全国で様々な取り組みがされています。

大和市の給食は昭和34年林間小学校から始まりました

昭和30年代の給食
大和市の学校給食は、昭和34年2月に林間小学校から始まりました。
当時はパンとおかず、脱脂粉乳という組み合わせが主流でした。
その後、単独調理校を中心に給食提供が徐々に始まり、昭和48年4月に北部学校給食共同調理場ができたことにより、中学校の給食も一部開始となりました。その後昭和51年に南部学校給食共同調理場、昭和55年9月に中部学校給食共同調理場ができ、現在の給食調理施設(単独調理校8校・共同調理場3場)が全て整備され、大和市内の公立小・中学校すべてに学校給食が供給できる体制が整いました。

給食の役割の変化

昭和50年代の給食

日本の学校給食は、明治22年(1889年)に山形県鶴岡町の私立忠愛小学校で始まったと言われています。この給食は、貧困児を対象に宗教的な救済事業として無償で提供されており、今の学校給食とは異なりますが、教育の中に給食を取り入れた先駆けと言われています。

昭和29年に制定された、学校給食の根拠法令「学校給食法」は平成20年に大幅に改正され、学校給食は子供たちの栄養を補完するものだけでなく、現代の子供たちの課題となっている「食に関する正しい理解と適切な判断力を養う」上で重要な役割を果たすものとして、学校給食の普及充実と学校における食育の推進が明記されました。

<学校給食の目標>

1.適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること

2.日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活が営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと

3.学校生活を豊かにし、明るい社交性及び共同の精神を養うこと

4.食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと

5.食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと

6.我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること

7.食料の生産、流通及び消費について正しい理解に導くこと

また、学校給食は、学習指導要領の特別活動の「学級活動」に位置づけられており、教育活動の一つとして重要な役割を果たしています。

第32回大和市学校給食展ポスター用絵画展示

夏休みに小中学校の児童生徒に募集をした「大和市学校給食展ポスター用絵画」を「全国学校給食週間」に合わせて展示します。
今年度は昨年度を上回り、全部で865作品の応募がありました!たくさんの応募をありがとうございました!
そのなかから選ばれた、各校学校代表3作品、全部で57作品を今回展示します。

ポスター用絵画決定!

渋谷小学校3年生山口結衣さんの作品
学校代表57作品から「第32回大和市学校給食展ポスター用絵画」として選出されたのは、大和市立渋谷小学校3年山口結衣(やまぐちゆい)さんの作品です。山口さんの作品は、平成30年度開催の「第32回大和市学校給食展」のポスターにさせていただくほか、冊子の表紙や給食展会場の看板、ホームページなど、給食展のPRに幅広く利用させていただきます。

ポスター用絵画展示のご案内

第31回給食展の展示物
日時:平成30年1月25日(木)〜28日(日)
※25〜27日は8:30〜17:00、28日は8:30〜12:30
場所:大和市役所1階正面ロビー階段横スペース
展示内容: 学校給食展ポスター用絵画学校代表作品 57作品
給食に関する楽しい掲示物(給食について、地場産物について等)
給食実物展示(平日午後のみ)

問い合わせ

教育部 保健給食課 保健給食担当(本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5206・5216
 

ページの先頭へ戻る