サイト表示切替

ホームライフイベント子育て>ひとり親家庭>ひとり親家庭等医療費助成

ここから本文です。

ひとり親家庭等医療費助成

ひとり親家庭等の経済的負担を軽減することにより、その生活の安定と自立を支援するため、医療費のうち保険診療の自己負担分を助成します。

助成対象

大和市に住所があり、健康保険に加入している方で次のいずれかに該当する児童とその児童を監護する母、父または父母以外の方で当該児童を養育する養育者(児童福祉法に規定する里親等以外の方)
 

 ・父または母が死亡した児童
 ・父母が婚姻を解消した児童
 ・父または母が重度の障害の状態にある児童
 ・父または母の生死が明らかでない児童
 ・父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
 ・父または母が裁判所からDV保護命令を受けた児童
 ・父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
 ・母が婚姻によらないで懐胎した児童
 ・父母ともに不明である児童


○ただし、次のいずれかに該当する方は助成対象となりません。
 ・生活保護を受けている方
 ・児童福祉施設などに入所している方(里親、里子を含む)
 ・心身障害者医療費助成を受けている方

 

所得制限

申請者、養育者および扶養義務者等の前々年の所得(規則で定める控除額を差し引いた金額)が所得制限額以上の場合は対象となりません。
また、所得を審査する年に児童の父または母から養育費を受けている場合は、その養育費の8割を所得に加算して判定します。
 

※「児童扶養手当」に規定されている諸控除を所得額より差し引いた額を「所得制限額」と比べてください。(詳しくは、児童扶養手当ページを参照。)
 

対象児童の年齢

対象となる児童は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの方です。
ただし、児童が一定の障害にあるときまたは学校教育法に規定する高等学校等に在学しているときは、20歳未満までとなります。
 

医療証の申請手続き

対象になる方は、資格を証する福祉医療証の交付申請の手続きを行ってください。

○医療証の交付申請に必要な書類
1 健康保険証(助成を受けようとする方全員分)
2 印鑑
3 申請者と児童の戸籍謄本(発行から1ヵ月以内のもの)
4 ひとり親家庭等認定調書
5 児童扶養手当証書 ※
 ※児童扶養手当の認定を受けている方は、3、4は必要ありません。

6 個人番号カードまたは通知カードと身分証明書(写真ありの場合1点:運転免許証等、写真なしの場合2点:保険証、年金手帳、母子手帳等)
 ※祖父母などの同居する親族の方、養育者の配偶者のマイナンバーの記載が必要な場合がありますので、事前にご相談ください。

7 個人番号を利用した所得情報の照会に関する同意書(必要な方のみ)
 

医療証の使用にあたっての注意とお願い

・健康保険証と医療証を医療機関の窓口に提示してください。
・保険適用外のものは助成対象にはなりませんので自己負担です。
 例)健康診断料、予防接種代、薬の容器代、初診時特定療養費、個室料、文書料など
・入院時食事療養標準負担額は助成の対象にはなりません。
・医療証が使用できなかったときは、次のものを持参して申請してください。
1.健康保険証 2.領収書 3.医療症 4.通帳など口座がわかるもの 5.印鑑
※医療機関に支払った保険診療分の金額(高額療養費、付加給付金等を控除した額)を口座に振込いたします。

※医療証は次の場合、使用できません。
・神奈川県以外での受診
・医証証を取り扱わない病院での受診
・神奈川県外の国保組合に加入している方
 

医療証の更新手続き(現況届)

すでにこの医療費助成制度を受けている方は、毎年11月に現況届および必要書類を提出していただく必要があります。
(対象の方には必要な書類の提出について通知をお送りします。)
提出していただいた現況届等の書類審査を行い、助成の対象となる方には新しい医療証を12月末頃にお送りします。
なお、児童扶養手当を受給されている方は、現況届の提出は不要です。
 

届け出の手続きが必要です

次の場合には、すみやかに届け出を行ってください。

・健康保険証が変わったとき
・住所が変わったとき
・氏名が変わったとき
・医療証を紛失、破損して再交付を受けたいとき など
 

問い合わせ

こども部 こども総務課 手当医療担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5608 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る