サイト表示切替

ホームライフイベント子育て>トピックス>子ども・子育て支援事業計画 (やまと 子育て応援プラン)

ここから本文です。

子ども・子育て支援事業計画 (やまと 子育て応援プラン)

 この計画は、子ども・子育て支援法に基づく市町村子ども・子育て支援事業計画です。
「子ども・子育て支援法に基づく基本指針」 をふまえ、本市の実情や取り組むべき課題に対応した子ども・子育て支援の計画として策定しました。
また、子ども・子育て支援法の制定に伴い、次世代育成支援対策推進法に規定される「市町村行動計画」の策定は任意となりましたが、「大和市次世代育成支援行動計画(後期計画)」により各種の施策・事業が行われていることから、同計画の取り組みを引き継ぐ計画として位置づけています。

やまと 子育て応援プランとは

  計画期間は、平成27年度から平成31年度までの5年間です。
   「子どもの健やかな成長を支えあうまち・やまと〜地域と共に子育て・親育ち〜」を基本理念とし、子どもが生き生きと育つまちづくりを推進していきます。
      基本目標1 : 希望する幼児期の教育・保育が受けられる体制づくり
      基本目標2 : 親育ち・地域の子育て力を育む基盤づくり
      基本目標3 : 安心して産み育てやすい環境づくり
      基本目標4 : 子どもの生きる力をのばす環境づくり
      基本目標5 : 配慮を必要とする子ども・家庭への支援体制づくり

計画の構成

中間年の見直し

【中間年の見直し】
本計画については、国の基本指針(※)により計画期間(平成27年度〜平成31年度)の中間年を目安として、見直しを行うこととされているため、次のとおり「第4章 子ども・子育て支援事業計画の基本的事項」について、平成30年3月に見直しを行いました。
 
※「教育・保育および地域子ども・子育て支援事業の提供体制の整備並びに子ども・子育て支援給付及び地域子ども・子育て支援事業の円滑な実施を確保するための基本的な指針(平成26年内閣府告示第159号)」において、「支給認定を受けた保護者の認定区分ごとの人数が、(中略)認定区分にかかる量の見込みと大きく乖離している場合には、適切な基盤整備を行うため、計画の見直しが必要となる。このため、市町村は、支給認定の状況を踏まえ、計画期間の中間年を目安として、必要な場合には、市町村子ども・子育て支援事業計画の見直しを行うこと」とされています。

計画の進行管理

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

こども部 こども総務課 政策調整担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5606 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る