サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベント子育て>ひとり親家庭>寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

ここから本文です。

寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

 婚姻歴のないひとり親は、配偶者と死別・離婚した方に適用される税法上の寡婦(夫)控除が適用されないことから、婚姻歴の有無により行政サービスの利用者負担額等に差異が生じる場合があります。
 大和市では、婚姻歴の有無によって行政サービスを受ける際の不均衡が生じないよう、平成27年7月1日から寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。
※みなし適用をしても、利用者負担額等が変わらない場合があります。また、税法上の控除を受けることはできません。
※平成27年7月1日から、申請を受け付けます(平成27年12月28日までに申請した場合は、平成27年4月1日に遡り適用します。)

対象者

 現況日(所得を計算する対象となる年の12月31日)及び申請時点において、婚姻歴がなく、現在婚姻状態(事実婚を含む)にない母または父であり、次の1〜3のいずれかに該当する人
・母の場合
 1.扶養親族または生計を一にする20歳未満の子がいる。
 2.扶養親族である20歳未満の子がいて、母の合計所得金額が500万円以下である。
・父の場合
 3.生計を一にする20歳未満の子がいて、父の合計所得金額が500万円以下である。
※上記の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていないこと。

申請方法

利用する事業(制度)の申請窓口で手続きをしてください。

申請に必要なもの

1 申請書
2 印鑑(認め印で可)
※上記の他に必要な添付書類があります。詳しくはお問い合わせください。
※申請書は申請窓口で用意しています。また、ダウンロードはこちら。 
 

対象事業

問い合わせ

こども部 こども総務課 手当医療担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5608 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る