サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>公害>トピックス>微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

ここから本文です。

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

微小粒子状物質(PM2.5)とは

  大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径が2.5マイクロメートル(0.0025ミリメートル)以下の微細な粒子の総称です。
呼吸器の奥深くまで入りやすいことから、人の健康への影響が懸念されています。
 平成21年9月、「1年平均値が15マイクログラム毎立方メートル(0.015ミリグラム毎立方メートル)以下であり、かつ、1日平均値が35マイクログラム毎立方メートル(0.035ミリグラム毎立方メートル)以下であること」が環境基準として定められました。
 神奈川県では平成23年度から常時監視を開始しており、大和市内には市役所敷地内及び、深見台交差点の2ヶ所に、神奈川県の常時監視測定局が設置されています。測定結果は次のリンクをご覧下さい。 
微小粒子状物質(PM2.5)測定結果【速報値】(神奈川県環境科学センターホームページ (PC用))

PM2.5の濃度が一定の値を超えた場合の注意

 微小粒子状物質(PM2.5)の当日の濃度が高くなるおそれがある場合、午前8時及び午後1時に神奈川県が情報提供(高濃度予報)をし、これを受けた市は、防災行政無線やPSメールなどで注意喚起のお知らせをします。神奈川県や市が情報発信をした際は、次のことにご注意ください。
 
【注意喚起の内容】
・不要不急の外出をできるだけ減らす。
・屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。
・屋内では換気や窓の開閉を必要最小限にする。
・呼吸器系や循環器系の疾患のある人、子ども、高齢者などは体調に応じてより慎重に行動する。 
 
【高濃度予報に関する情報】(神奈川県)
微小粒子状物質(PM2.5)について(神奈川県ホームページ(PC用))
・神奈川県PM2.5テレホンサービス電話:050-5893-9344 又は 050-5893-9345

問い合わせ

環境農政部 生活環境保全課 生活環境保全担当  (本庁舎4F  案内図
電話:046‐260‐5106

ページの先頭へ戻る