サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>街づくり>建築>定期報告制度について

ここから本文です。

定期報告制度について

 建築物の所有者・管理者・占有者は常時適法な状態に維持するよう努めなければなりません。特に多数の者が利用するような用途及び規模の建築物等については、一旦事故が発生すると大事故に発展するおそれがあることから、より一層の安全性の確保を図る必要があります。
 このため、安全性の確保を徹底すべき一定の建築物、昇降機及び防火・換気・排煙・非常用照明等の建築設備は、法令等により定期報告の対象となっています。
 これらの建築物については所有者・管理者に委ねるだけでなく、専門技術を有する資格者に調査・検査をさせ、その結果を特定行政庁へ報告することを義務付けています(建築基準法第12条第1項及び第3項)。

定期報告対象建築物等

大和市における定期報告の対象となる建築物・建築設備等は次のものとなります。
なお、報告は年に1回提出が必要となります。
 
定期報告を必要とする建築物・建築設備等の指定概要(PDF132キロバイト)

定期報告の提出について

大和市では、定期報告に関する業務を民間の外部機関に委託をしています。
このため、定期報告の提出は、一般財団法人神奈川県建築安全協会までお願いします。

定期報告の様式について

定期報告の様式については、一財団法人神奈川県建築安全協会のホームページからダウンロードすることができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

街づくり計画部 建築指導課 (本庁舎4F 案内図
電話:建築指導担当 046-260-5425・5426 建築審査担当 046-260-5427・5434
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る