サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>街づくり>建築>各種手続について>神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例の事前協議について

ここから本文です。

神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例の事前協議について

指定施設(神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例施行規則第1条の2第1項、同規則別表第1)の新築、新設、増築、改築、用途変更を行う場合には、条例第17条に基づく事前協議が必要になります。(大和市内の指定施設の場合、協議先は大和市長となります。)

協議の内容により、プランが変更となる場合もありますので、神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例施行規則第5条第1項に定められている協議書の提出期限(建築確認申請の30日前)を厳守して下さい。

提出書類

神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例施行規則第5条第2項に定められている書類を正本・副本として計2部作成し、提出して下さい。

1 指定施設新築等(変更)事前協議書(条例施行規則第9号様式)

2 適合状況項目表(条例施行規則第5号様式)

3 委任状

4 図面

図面名称

明示する事項

付近見取り図

申請敷地、方位等

配置図

縮尺、方位、敷地境界線、土地の高低、段差の有無、建築物の位置、

敷地内通路の位置及び幅員、出入口、駐車場の位置及び寸法、スロ

ープ等の勾配、敷地に接する道路の位置及び幅員

各階平面図

縮尺、方位、各室の用途、床の高低、出入り口・廊下・階段の寸法、

スロープ等の勾配、駐車場の位置及び寸法、エレベーター寸法及び

設置される設備、手摺り、エレベーターの幅操作番、点字表示、点字

ブロック等の設置位置

その他

必要に応じて便所、エレベーター等の詳細図を求める場合があります

対象建築物

神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例の事前協議対象建築物は以下のとおりです。(条例施行規則第1条の2第1項、同規則別表第1)

 

対象施設

新築等を行う床面積の合計(注1)

バリアフリー法に基づく法委任規定対象(注2)(注5)

事前協議対象(注6)

学校(注3)

病院又は診療所

集会場又は公会堂

福祉施設(保育所、児童福祉施設等)(注3)(注4)

老人ホーム、福祉センター等

老人福祉センター、児童厚生施設、身体障害者福祉センター等

公官署、銀行等のサービス業

博物館、美術館又は図書館

車両の停車場等で旅客の乗降又は待合の用に供するもの

500u以上

すべて

百貨店、マーケットその他の物販販売業の店舗

飲食店

理髪店

200u以上

公衆浴場

500u以上

劇場、観覧場、映画館又は演劇場

展示場

遊技場

1,000u以上

1,000u以上

一部の整備基準は

300u以上が対象

ホテル又は旅館

体育館、水泳場、ボーリング場

その他これらに類する運動施設

1,000u以上

共同住宅(注3)

2,000u以上

1,000u以上

自動車の停留又は停車のための施設

駐車場法で規定する500u以上の施設

公共用歩廊

対象外

公衆便所

50u以上

すべて

事前協議のみの対象施設…事務所、工場(1,000u以上)、地下街(すべて) など

注1:「新築等」とは新築、新設、増築、改築、用途の変更、大規模の修繕又は大規模の模様替えをいう。

注2:用途の変更及び仮設建築物は、規模の引き下げは行わず法の規定により2,000u以上とする。

注3:すべての仮設建築物を除く。

注4:規則第14条で定めるものを除く。(乳児院、児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設)

注5:増築もしくは改築又は用途の変更の場合については、当該増築若しくは改築又は用途の変更に係る部分の床面積の合計とする。

注6:増築の場合については、増築後の床面積の合計とする。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

街づくり計画部 建築指導課 建築審査担当(本庁舎4F 案内図
電話:建築審査担当 046-260-5427・5434

ページの先頭へ戻る