サイト表示切替

ホーム>家庭系一般廃棄物発生量

ここから本文です。

家庭系一般廃棄物発生量

家庭から排出された一般廃棄物(資源物・ごみ)の量は減少しています

 本市では、ごみの減量化・資源化を推進するため、平成18年7月から「家庭系有料指定ごみ袋」、「燃やせるごみ・燃やせないごみの戸別収集」、「その他プラスチック製容器包装」の資源分別品目への追加など、新しい制度を導入しました。
 市民の皆様のご理解とご協力により、平成22年度の1人1日当たりのごみ排出量は、平成21年度に対し約2.7%減少、資源分別回収量は、平成21年度に対し約3.2%減少しています。
 今後も、ごみの減量化・資源化に、ご協力をお願いいたします。

家庭の資源物量・ごみ量について

家庭系一般廃棄物総量の推移

資源分別品目別回収量の推移

家庭系一般廃棄物の種別内訳

問い合わせ

環境農政部 環境総務課 廃棄物対策係 (本庁舎4F  案内図
電話:046‐260‐5497

ページの先頭へ戻る