サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベントシニア・高齢者>介護保険>介護保険の負担割合が変わります

ここから本文です。

介護保険の負担割合が変わります

制度改正により、一定以上所得がある65歳以上の方は平成27年8月からサービス利用時の利用者負担割合が1割から2割に変更となります。

平成27年8月からの負担割合

 

2割負担となる方(一定以上所得者)

次の要件に該当する場合には利用者負担割合が2割になります。
 
○65歳以上で本人の年間合計所得金額が160万円以上の方 
ただし、本人の合計所得金額が160万円以上であっても「年金収入+その他の合計所得金額」が単身者で280万円(同一世帯に第1号被保険者が2人以上いる場合は346万円)未満の場合は、1割負担となります。
 
※第2号被保険者(40歳〜64歳)は一律1割負担となります。
※個人単位で判定するため、本人の合計所得が160万円に満たない場合には、世帯内の他の第1号被保険者の所得状況に関わらず、1割負担となります。
※負担割合の判定対象となる収入には非課税年金(遺族年金・障害年金等)は含みません。
※一か月ごとの利用者負担が一定の金額を超えた場合には、申請により、その超えた額を「高額介護サービス費」として払い戻しを受けることができます。このため、2割負担の対象者すべてが1割負担の場合と比べて2倍の負担になるわけではありません。
 
 

負担割合証を送付します

「介護保険負担割合証」は7月下旬に介護保険の要介護・要支援認定を受けている方全員に送付します。有効期間は8月1日〜翌年7月31日までです。
「介護保険負担割合証」には介護保険サービスを利用する際の負担割合を記載していますので、介護保険サービスを利用する時は被保険者証と併せて必ず事業者に提示してください。
 
※新たに要介護認定を受けた方には、随時交付します。
※住民税の所得更正があり、負担割合が変更になった場合は、直近の8月までさかのぼって変更します。(更正の行われた翌月に新たな負担割合を記載した負担割合証を交付します)
※世帯構成の変更があり、負担割合が変更になった場合は、変更が生じた月の翌月から負担割合を変更します。
※65歳になった方が判定により2割負担となる場合、誕生月の翌月初日(誕生日が1日の場合は、その月)から変更します。

問い合わせ

健康福祉部 介護保険課 (保険管理担当・給付担当・事業者指導担当:本庁1F 案内図、認定担当:保健福祉センター5F 案内図

電話: 保険管理担当 046-260-5169 給付担当046-260-5168 事業者指導担当 046-260-5170 認定担当 046-260-5623

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る