サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>教育・文化>保育所・幼稚園>保育所>市立保育所の環境放射線量の測定結果

ここから本文です。

市立保育所の環境放射線量の測定結果

環境放射線量の測定について

【使用機器】HORIBA製環境放射線モニター  PA-1000
 
【測定地点】
緑野保育園、若葉保育園、草柳保育園、福田保育園
【測定場所】
園庭(広場):地表50cm
【測定頻度】
月1回
 
※測定値が低下し、数値も安定してきていることから、平成25年4月より、測定頻度については1ヶ月に1回とし、測定場所は園庭のみとしました。
 
 

環境放射線量の測定結果

各施設の測定結果

測定値の単位はすべて、μSv/h(マイクロシーベルト毎時)です。
大和市は、汚染状況重点調査地域には指定されておりませんが、国の基準値である0.23μSv/hより厳しい0.19μSv/hを市
の目標値としています。
平成23年
7月の測定結果(PDF:12KB)
10月の測定結果(PDF:16KB)
平成24年
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年

年間積算予測線量計算について

国が示した基準である年間積算予測線量の1mSv(1,000μSv)以内を原子力安全委員会が示した考え方に基づき、1時間あたりの放射線量を換算すると0.19μSv/hとなります。
1,000μSv÷(24時間×365×0.6(※低減係数))=0.19μSv/h
※低減係数
屋外にいた場合を100%とすると、木造家屋内にいる場合は40%程度まで低減されるとしています。
つまり、て低減係数、屋外=1、木造家屋内=0.4となります。
たとえば、屋外に8時間、木造家屋に16時間いた場合、
1×8時間(屋外)/24時間(1日)+0.4×16時間(木造家屋内)/24時間(1日)=0.6
となります。
※mSv(ミリシーベルト)、μSv(マイクロシーベルト)とは、人間が放射線を浴びたときの影響度を示す単位である。
1mSv(1ミリシーベルト)=1,000μSv(1,000マイクロシーベルト)
 
【環境放射線に関する国の考え方】
・予測線量50mSv以上→コンクリートの屋内退避または避難
・予測線量10〜50mSv→屋内退避
・年間積算予測線量20mSv以上→計画的避難区域の設定値
・年間積算予測線量1mSv以下→一般の人が原子力施設に起因する年間積算放射線量
※放射線に関するお問い合わせは生活環境保全課までお願いいたします。

問い合わせ

こども部 ほいく課 保育指導担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5672 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る