サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベント入園・入学>保育所・幼稚園>保育所>教育・保育施設等を利用できる条件

ここから本文です。

教育・保育施設等を利用できる条件

お子さんの条件

 小学校就学前のお子さんが利用できますが、保育所等により受け入れ年齢(利用を希望する月の1日時点で判断)は異なります。

保育所等の受け入れ年齢は「大和市保育所等一覧」でご確認ください。

なお、障がいをお持ちのお子さんは、発達状況にあった保育が必要なため、あらかじめ認定入所担当へご相談ください。

 

保護者の条件

 申し込みができる保護者の状況、利用出来る期間、利用出来る時間については次のとおりです。
就労時間が終了しているなど、家庭での保育が可能な場合は、利用出来る時間内でもお迎えに来てください。
大和市外にお住まいの場合は、転入予定のときを除き、大和市内で働いていることが条件です。 

保護者の状況

利用出来る期間

利用出来る時間

自宅内外で月64時間以上働いているとき

小学校就学前まで

標準時間(月120時間以上働いているとき)

短時間(月64時間以上働いているとき)

出産の準備や出産後の休養が必要なとき

出産予定日の前2ヶ月と

産後2ヶ月を含む月

標準時間

病気、負傷、障がいなどのため保育が困難なとき

診断書などで

必要と認める期間

短時間

介護や看護しているとき

診断書などで

必要と認める期間

標準時間(月120時間以上介護や看護しているとき)

短時間(月64時間以上介護や看護しているとき)

震災・火災などの復旧にあたっているとき

復旧状況により

必要と認める期間

標準時間

仕事を探しているとき

原則として3ヶ月

短時間

大学などに月64時間以上通っているとき

通学期間中

標準時間(月120時間以上通っているとき)

短時間(月64時間以上通っているとき)

※育児休業期間中の申し込みは、入所月中に復職することが条件です。
※上の子が施設を利用中に下の子を出産して育児休業を取得する場合、下の子が1歳になる年度末の翌4月までは利用できます。ただし、下の子の育児休業開始時点で、上の子が3歳児クラス以上の場合は、再利用が困難なことから、卒園まで利用できます。育児休業中の利用出来る時間は短時間です。
※詳しくは平成29年度利用ガイドをご覧ください。
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

こども部 ほいく課 認定入所担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5607 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る