サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベント入園・入学>保育所・幼稚園>保育所>保育とは

ここから本文です。

保育とは

 保護者が仕事や病気などのために家庭で保育できない場合に、保育所・認定こども園(保育所機能部分)・地域型保育事業(以下「保育所等」という)で、保護者に代わってお子さんを保育することです。なお、保育所等で保育する場合でも、お子さんを保育する基本的な責任は保護者にあります。

 

保育の必要性の認定

 保護者が施設の利用を希望する場合は、市に保育の必要性の認定(「以下、支給認定」という)を申請する必要があります。

支給認定の区分としては3つあり、お子様の年齢や利用する施設によって決まっていきます。

施設を利用できる時間については、保護者の就労時間・状況等をもとに市が決定します。

支給認定を受けた場合、市から“子どものための教育・保育給付支給認定証”(以下、「支給認定証」という)が交付されます。 

 

支給認定区分

年齢

利用出来る施設

施設を利用できる時間

1号認定

3〜5歳

幼稚園※1

教育標準時間(4時間)

2号認定

3〜5歳

保育所等

保育標準時間(11時間)、保育短時間(8時間)のいずれか

3号認定

0〜2歳

※1 認定こども園(幼稚園機能部分)も含みます。

 

保育を提供する施設

教育・保育施設

 

 

認可保育所※1

小学校就学前のお子さんに、保育を提供することを目的とする施設

 

認定こども園
(保育所機能部分)

小学校就学前のお子さんに、教育・保育を一体的に提供する施設

地域型保育事業※2

 

 

家庭的保育

3歳未満のお子さんに保育を提供する、利用定員が5人以下の施設

 

小規模保育

3歳未満のお子さんに保育を提供する、利用定員が6〜19人の施設

 

居宅訪問型保育

3歳未満のお子さんに、お子さんの住む家で保育を提供

 

事業所内保育

従業員のお子さんと一緒に、3歳未満の地域のお子さんにも保育を提供する施設

※1  大和市の認可保育所には0〜5歳児までの園のほかに、0〜2歳児までの低年齢児保育所があります。

※2  地域型保育事業のうち、大和市内では小規模保育事業を実施している施設があります。

また、地域型保育事業は3歳以降の受け皿として連携施設(転園先)を設けております。

 

私設保育施設(認可外保育施設)

私設保育施設(認可外保育施設)とは、児童福祉法第39条に規定されている業務(就学前児童の保育)を目的とする施設で、同法第35条第4項の規定に基づく認可を受けていない保育施設です。保育施設の運営にあたっては、遵守が求められる基準(指導監督基準)が定められており、神奈川県次世代育成課とともに定期的に指導監督を行っています。また、私設保育施設(認可外保育施設)のうち、市が独自に定めた基準を満たし、市の補助を受けている施設を大和市認定保育施設といいます。

 

私設保育施設(認可外保育施設)への申し込みは、利用希望者が各施設で直接行ってください。また、入園は、その施設との個人契約になりますので、保育内容などを充分確認のうえお決めになることをお勧めします。市内の私設保育施設(認可外保育施設)についてのお問い合わせは、大和市ほいく課(電話046‐260‐5607直通)までお願いします。

 

問い合わせ

こども部 ほいく課 認定入所担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5607 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る