サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>教育・文化>保育所・幼稚園>保育所>保育園の食育

ここから本文です。

保育園の食育

大和市の公立保育園では、「楽しく食べる子ども」の育成を目指して、様々な食育を行っています。
食育は保育園だけでなく、家庭や地域で行うことが大切です。
一部ご紹介しますので、一緒に食育をしてみませんか?
 
【食育計画(大和市公立保育園)】
子どもの育ちにあわせて0歳から5歳までの食育計画を作りました。
各保育園では、食育計画(大和市公立保育園)をもとに活動計画を作成し、保育に関連付けた食育を行っています。
 
【公立保育園の給食献立】
公立保育園の給食の献立の紹介です。離乳食用と普通食用があります。
 
平成29年度
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
離乳食用

○ 

   
普通食用

 

 
平成28年度
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
離乳食用

○ 

  ○  ○ 
普通食用

 

 
 
【食育だより(ぱくぱくだより)】
子どもの健やかな心と身体の発育発達に欠かせない「食」をテーマに、公立保育園で発行しています。
 

29年度

60給食で大切にしていること

61おすすめ朝ごはん

62大人の食生活

 

 

 

28年度

54保育園の給食紹介

55元気をつくる朝ごはん

56プラス一皿の野菜

57素材を生かしたうす味

58うんちの話

591年間の取り組み

27年度

48食育年間計画

49かんたん朝ごはん

50食事のマナー

51食べ物の大切さ

52ウンチはメッセージ

53楽しく食べる子ども

  
 
【わくわくたべもの集会(食育集会)】

指導案とおやこシェアカード

(※持ち帰りカードはA4用紙に1/4に集約して配布しています)

 

指導案

おやこシェアカード

5月

手洗い上手になろう

手のどこの部分が汚れていたかな?

6月

よく噛んで食べよう

何回噛めているかな?

7月

朝ごはんで元気いっぱい

生活習慣チェック

8月

上手に食べよう大好きおやつ

楽しくおやつを食べるための3つのおやくそく

9月

みんなで楽しく食べよう

食事マナー間違いさがし

10月

残さず食べよう

ご飯を作ってくれる人に感謝のプレゼント

11月

なんでも食べて風邪予防

風邪予防チェック

12月

うんちをだしていい気持ち

うんち観察日記

1月

食べ物の仲間と働き

バランスの良い食べ物の量

2月

体の中の大冒険

食べ物の体の中の旅

3月

食べ物を大切にしよう・うす味の大切さを知る

うすあじでおいしさはっけん!

 
 
【外国料理の紹介】
給食に外国料理を取り入れ、子どもへ紹介することにより興味や関心を引き出します。
 
 
 
実際に保育園で行っている“食卓を楽しくする工夫と知恵”をまとめました。
 
【楽しく食べる子どもに 〜保育と関連付けた食育の実践例〜 】
公立保育園で行っている、保育と関連付けた食育の実践例の一部です。
給食時間だけでなく、保育の中での活動が、子どもの興味や想像力を広げ、食べることへの意欲につながっていきます。
 

うす味推進シンボルマークをご活用ください!

うす味推進シンボルマーク“うすあじで おいしさ はっけん”(以下、「シンボルマーク」という。)は、厚生労働省「食事摂取基準2015」による、食塩摂取量の目標値改定をうけ、作成したものです。

うす味を広く推進することを目的とし、今後市として活用するとともに、市民や市民団体、民間企業においても積極的に活用していただくため、シンボルマークのデータを提供します。

利用できる方

うす味推進のPRにご協力いただける方なら、個人・団体・民間企業等、どなたでもご利用いただけます。ただし、次のいずれかに該当する場合は除きます。

 

1.シンボルマークのイメージを傷つけ、又は傷つけるおそれがある場合

2.法令等に違反するもの又は違反するおそれがあるものに利用する場合

3.公序良俗に反するものに利用する場合

4.公の選挙、宗教の布教または政治活動に利用する場合

5.営利目的で、自己の商標や意匠として利用する場合

6.この他、市が不適当と判断した場合

※不適当な使用があった場合には、利用を中止していただく場合があります。

利用方法

シンボルマークの利用に関して許可は不要ですが、活用される状況を把握するために、届出が必要な場合があります。

1.届出が必要な場合⇒団体や民間企業等が利用する場合

  次の届出書及び使用状況の分かる写真等を市ほいく課まで郵送又はFAXで提出をお願いします。

  届出書ダウンロード

  ◆届出の提出先  ⇒  大和市役所こども部ほいく課(保健福祉センター内) 

                               〒242−8601 大和市鶴間1−31−7

                               FAX番号:046−264−0142

 

2.届出が必要ない場合⇒個人で利用する場合

  個人の趣味等の範囲で利用する場合は届出不要です。

利用イメージ

市では市民の皆さまや団体・企業の皆さまにもご協力いただいて、うす味推進をPRしていきたいと考えております。

利用イメージは次のとおりですが、これ以外にも様々な場面でご活用いただけたらと考えております。

 

1.民間企業・各種団体等の利用

  ◆販促利用

    飲食店等におけるチラシ・メニュー等への印刷・活用

  ◆商品利用

    商品へのマーク印刷等による商品利用(お弁当、お惣菜、お菓子、コップ、タオル、ランチョンマット等)

  ◆その他利用

    景品、行事看板、資料への印刷、ホームページ内での画像利用など

 

2.個人の利用

  個人での印刷物への利用、ストラップ、シール作成等

 

  ◆画像データは次よりダウンロードしてください

     シンボルマークデータダウンロード

 

食育メッセージ絵本「ちょっとだけ たべてみよう」

大和市立保育所の保育士・調理師・管理栄養士が子育て中の方に伝えたい食育メッセージを絵本にしました。これは、大和市食育推進計画に基づき、大和市立保育所で大切にしている食育内容を、子育て中の方に情報提供する目的で作成したものです。絵本の中では、赤ちゃんにとっての手づかみ食べの大切さや、子どもの自尊心を育てる声かけの工夫などが、テーマごとにまとめられており、親子で絵本を読みながら楽しめる内容になっています。

絵本のダウンロード(平成29年8月改訂版)

食事支援ガイド 給食の「困った」にこんな工夫!〜食べる機能を促す食事と摂食指導〜

給食の「困った」にこんな工夫!〜食べる機能を促す食事と摂食指導〜は、大和市立保育所で食事介助を研究し、事例を検討していく中で、子どもの食事に関わる方々が活用できるように食事支援ガイドとしてまとめたものです。発育発達に合わせたスプーン・フォークの進め方や選び方、食事介助の方法だけでなく、よくある困った事例と対処方法などが写真で分かりやすく解説してあり、保育所等や家庭でも参考にできる内容となっています。こちらは市の専門職だけでなく、神奈川県内保健福祉事務所の方々の協力を得て作成しました。

食事支援ガイドのダウンロードはこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

こども部 ほいく課(保健福祉センター 2F 案内図

保育指導担当 046-260-5672 認定入所担当 046-260-5607

FAX:046(264)0142

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る