サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>保育所・幼稚園>幼稚園>幼稚園の利用について

ここから本文です。

幼稚園の利用について

大和市の幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)(以下、「幼稚園等」)は全て民間の施設です。
各幼稚園等の特徴・利用条件・実費負担等については、直接、幼稚園等に確認してください。

大和市内の幼稚園等の一覧はこちら

令和3年度大和市幼稚園利用ガイドはこちら

(1)入園の手続き
 1. 幼稚園等の利用を希望する場合は、利用を希望する幼稚園等に事前に連絡して見学を行い、利用条件や実費負担等を確認してください。
 2. 願書は、利用を希望する幼稚園等から受け取り、幼稚園等が指定する期限までに提出してください。
 3. 無償化に関する書類は、幼稚園等から受け取り、利用開始前までに幼稚園等を通じて提出してください。

(2)預かり保育について
 幼稚園等では預かり保育(教育時間の範囲外でお子さんを預かること)を実施しています。利用方法や利用料については、直接、幼稚園等に確認してください。なお、預かり保育の利用料が無償化の対象となるためには、月64時間以上の就労等の理由により大和市から保育の必要性の認定を受ける必要があります。

幼稚園の無償化について

幼児教育・保育無償化(以下、「無償化」)に関することは子ども・子育て支援法(以下、「法」)に規定され、法に基づいた事務を行っています。
1 無償化の手続き ・無償化の対象になるためには利用開始前に手続きが必要です。
・手続きは、保護者が居住する市町村に対して行う必要があります。
・書類は、幼稚園等から受け取り、幼稚園等を通じて提出してください。
2 審査の結果 ・原則、手続きを受け付けた日から30日以内に無償化の認定結果を通知します。
 ただし、幼稚園等の利用の開始が4月の場合は、事務が集中して審査に時間を要するため、利用開始までに通知します。
3 無償化の給付 ・無償化の金額は、原則、大和市から幼稚園等に給付しますので、保護者から大和市に対する無償化給付の請求手続きはありません。

教育時間の保育料の無償化

無償化の認定を受けた方が、幼稚園等の教育時間の無償化の対象になります。
※保育料とは別に、実費として徴収される通園バス代や行事費等は、無償化の対象とならずに保護者負担になります。

(1)無償化の金額
  新制度幼稚園
認定こども園(幼稚園部分)
私学助成幼稚園
※次のうちいずれか低い額
1月当たりの無償化の金額 保育料は無料 ・25,700円(上限額)
・1月当たりの教育時間の保育料+入園料÷入園年度の在園月数

(2)無償化給付の請求手続き
 無償化の金額は大和市から幼稚園等に給付しますので、大和市に対する無償化給付の請求手続きはありませんが、教育時間の保育料を全額支払っている場合は、幼稚園等の指示に従って手続きを行ってください。

預かり保育の利用料の無償化

保育の必要性の認定を受けた方が、預かり保育を利用した場合に無償化の対象になります。
※満3歳児は、市民税非課税世帯(生活保護世帯、里親を含む。以下「非課税世帯等」)で保育の必要性のある方が対象です。

(1)保育の必要性の認定
  保護者の状況 利用できる期間
1 自宅内外で月64時間以上働いているとき 小学校就学前まで
2 出産の準備や出産後の休養が必要なとき 産前6週(多胎子等、産前6週目の日以前に産前休暇が開始となる場合は、効力発生日)から産後8週を含む月
3 病気、負傷、障がい等のため保育が困難なとき 医師の診断書等で必要と認める期間
4 介護や看護しているとき 医師の診断書等で必要と認める期間
5 震災、火災などの復旧にあたっているとき 復旧状況により必要と認める期間
6 大学などに月64時間以上通っているとき 通学期間
7 仕事を探しているとき 原則として3か月
8 育児休業中に預かり保育を利用継続するとき 育児休業が終了するまで
※満3歳児は下の子が1歳になった翌年度5月1日まで

(2)無償化の金額
  3〜5歳児 満3歳児(非課税世帯等)
1月当たりの無償化の金額
※次のうち最も低い額
・11,300円(上限額)
・450円×預かり保育利用日数
・1月当たりの預かり保育の利用料
・16,300円(上限額)
・450円×預かり保育利用日数
・1月当たりの預かり保育の利用料

(3)預かり保育と認可外保育施設等を併用している場合
 原則、教育時間外に利用した認可外保育施設等は無償化の対象外になりますが、預かり保育を実施していない幼稚園等や預かり保育が一定基準未満(1日8時間未満又は年間200日未満)の幼稚園等を利用する場合は、預かり保育と認可外保育施設の利用分を合わせ、(2)の範囲で無償化の対象になります。

(4)無償化給付の請求手続き
 無償化の金額は大和市から幼稚園等に給付しますので、大和市に対する無償化給付の請求手続きはありませんが、預かり保育の利用料を全額支払っている場合は、幼稚園等の指示に従って手続きを行ってください。
 なお、併用した認可外保育施設等の利用分が無償化の対象になる場合、大和市から認可外保育施設等に無償化の金額を給付しないため、大和市に対する無償化給付の請求手続き(請求書・認可外保育施設等が交付した領収証・提供証明書の提出)が必要になります。請求期日等はこちらを確認してください。
 

副食費の無償化

無償化の認定を受けた方が、(1)の要件に該当する場合は、おかず等の副食費が無償化の対象になります。
※米・麺・パンなどの主食費は無償化の対象外です。

(1)無償化の要件(次のいずれかに該当する場合は無償化の対象になります。)
1 父母・同居する父母以外の扶養義務者の市民税所得割額の合算額が77,100円以下の場合
※市民税所得割額は、4〜8月は前年度、9〜3月は当年度で、調整控除以外の税額控除の適用前の額を用います。
※市民税非課税世帯等も当該要件に含まれます。
2 幼稚園等を利用するお子さんが第3子以降の場合※子の数え方は、小学校1〜3年生と幼稚園・保育所等を利用する児童を年齢の高い順に第1子と数えます。

(2)無償化の金額
  新制度幼稚園
認定こども園(幼稚園部分)
私学助成幼稚園
※次のうちいずれか低い額
1月当たりの無償化の金額 副食費は実費負担が免除 ・4,500円(上限額)
・1月当たりの副食費

(3)無償化給付の請求手続き
 無償化の金額は大和市から幼稚園等に給付しますので、大和市に対する無償化給付の請求手続きはありませんが、副食費を全額支払っている場合は、幼稚園等の指示に従って手続きを行ってください。

無償化の手続きについて

無償化の対象になるためには、保護者が居住する市町村に対して必要な書類を提出し、無償化の認定を受ける必要があります。
手続きに必要な書類の提出は、幼稚園等の利用開始前に幼稚園等を通じて行ってください。

無償化の手続きに必要な書類はこちら

問い合わせ

こども部 ほいく課
住所:〒242-8601 大和市鶴間1-31-7 大和市保健福祉センター2階 案内図
電話:046-260-5640 給付審査係(幼稚園について・施設型給付等の請求について)

ページの先頭へ戻る