サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>防災>トピックス>NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンとの災害時応援協定

ここから本文です。

NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンとの災害時応援協定

 大和市では平成28年9月20日、NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン(代表:青山学院大学 地球社会共生学部古橋大地教授)と「大和市での災害等における調査研究・支援活動に関する協定」を締結しました。

 同協定は、大規模災害により道路が寸断された際などに、「ドローン」※1を活用することで、市内の被災状況を広域に把握し、支援活動につなげることを目的としています。締結の決定については、8月27日に東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)で開催された「第1回防災推進国民大会」の中で、古橋教授により発表されました。

 この協定により、災害発生後速やかに、同法人は、ドローンを飛ばして市内の被災エリアを空撮します。また、撮影した静止画とともに、被害状況などを著作権フリーの地図である「オープンストリートマップ」※2に反映し、そのデータを市へ提供してもらいます。市は、そのデータを受け取るとともに、市内の自主防災組織や支援団体などにも情報を提供し、それぞれの活動に活用できるように取り組んでいきます。自治体として、このような取り組みを実施するのは全国初となります。今後も同法人と連携を図りながら調査研究を進めていきます。

 【災害時のドローンの活用】

 ※1 ドローン: 事前に登録した行動プログラミングを基に自律移動する小型の無人航空機。この取り組みで使用するドローンは飛行機タイプとなり、長時間飛行、高速飛行に優れている。
※2 オープンストリートマップ: 道路地図などを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的にOSM財団がスタートしたプロジェクトで、インターネット上に著作権フリーの地図が公開されている。この地図は、誰でも自由に編集でき、利用することができる。 

問い合わせ

消防本部 警防課 警防担当
電話: 046-260-5776

ページの先頭へ戻る