サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>BCG(結核)予防接種

ここから本文です。

BCG(結核)予防接種

BCGは、結核菌を弱毒化してつくったワクチンです。
わが国では、毎年2万人前後の結核患者が発生しています。乳幼児が結核にかかると、全身性の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性があります。
 
 

対象年齢

生後3か月から1歳未満(1歳の誕生日の前日まで)
標準的な接種期間:生後5か月〜8か月
 
※対象年齢を過ぎると、任意接種(全額自己負担)になります。
 
 

注意事項

1.「予防接種と子どもの健康」を読み、十分にご理解いただいた上で接種してください。
2.外傷などによるケロイドが認められるお子さんは、接種を受けることができません。
3.接種部位に、湿しんがあったり、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を塗布している場合は、接種前に医師へご相談ください。
4.家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのある場合には、必ず事前に医師へお伝えください。
5.接種後は、日かげでよく乾かしてから、衣服を着させてください。
6.接種部位は清潔にし、こすったり、もんだり、かいたりしないでください。接種当日は異常がなければ入浴は差支えありません。
7.BCG接種後4週間は、他の予防接種は受けられません。
 
 
【BCG接種後の経過について】
・BCGの経過は、接種後10日頃に接種局所に赤いポツポツができ、一部に小さいうみができることがあります。この反応は、接種後4週間頃にもっとも強くなりますが、その後は、かさぶたができて接種後3か月までには治り、小さな傷あとが残るだけになります。これは異常な反応ではなく、BCG接種により抵抗力(免疫)がついた証拠です。自然に治るので、包帯をしたり、バンソウコウを貼ったりしないで、そのまま清潔に保ってください。
・接種後数日の間(10日以内)に上記のような反応が現れた場合には、お子さんが接種前に家族など身近な人からうつるなどして結核菌に感染している可能性がありますので、速やかに接種医療機関を受診してください。
 

問い合わせ

健康福祉部 医療健診課(保健福祉センター4階 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る