サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>トピックス>熱中症にご注意を

ここから本文です。

熱中症にご注意を

 熱中症になりやすい季節です。

 特に、高齢の方や持病のある方、小さなお子さんは熱中症になりやすいので、注意しましょう。

 ご自分の体調に気をつけることはもちろん、まわりの方とも声を掛け合って、熱中症を予防しましょう。

 

 

熱中症とは?

 高温多湿な環境により、体内の水分や塩分のバランスがくずれて、体温の調節がうまくいかなくなった状態をいいます。

 重症になると意識がなくなり、危険な状態になります。大量の汗、めまい、立ちくらみ、こむら返り、だるさや気分不快などの症状に注意しましょう。

 

 

こんな時は熱中症に注意を!

 ・気温が高い

 ・湿度が高い

 ・風が弱い

 ・日差しが強い

 ・締め切った室内

 ・エアコンがない

 ・急に暑くなった日

 

 

熱中症予防のポイント

(1)暑さを避けましょう
 外出時には日傘や帽子を使用し、こまめに休憩を取りましょう。暑い日は無理な節電はせず、扇風機やエアコンを上手に利用しましょう。また、汗をよく吸い、乾きやすい服を選びましょう。
 
(2)水分をこまめに補給しましょう
 「水分を取りすぎると、汗をかき過ぎたり、体がばててしまったりするのでかえってよくない」というのは間違った考え方です。のどが渇いていなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。
 
(3)暑さに備えた体づくりをしましょう
 バランスのとれた食事を心がけ、睡眠を十分にとるようにしましょう。梅雨の晴れ間や梅雨明け直後など、急に暑くなる日に注意し、疲れを感じたら無理せず、早めに休憩をとりましょう。
 
 
 

ご高齢の方や子どもは特に注意しましょう!

1 ご高齢の方

・ご高齢の方は、暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍くなります。

・のどが渇かなくても、こまめに水分補給をしましょう。また、部屋の温度をこまめに測り、室温をほぼ28℃前後に保つようにしましょう。

 

 

2 子ども

・子どもは、汗腺をはじめとした体温調節能力が十分に発達していません。また、晴れた日の屋外では、路面に近いため、熱の影響を受けやすくなります。

・顔色や汗のかき方を観察し、こまめな水分補給を心がけましょう。

・日頃から暑さになれるとともに、熱のこもらない適切な服装を選びましょう。

 

 

3 肥満の人、心臓や呼吸器、腎機能などに持病がある方も、注意が必要です

 

 

 

熱中症は室内にいても発生します

 室内にいても、気温、湿度が高い状態であれば、屋外で活動中と同様に熱中症を発症します。こまめな水分補給と、エアコンなどによる室温調節に努めましょう。
 
 

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう

1 軽症
めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
 
2 中等症
頭痛、はきけ、からだがだるい(倦怠感)、虚脱感
 
3 重症
意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない
 
 
 
 

熱中症になったときは_熱中症の応急処置(熱中症環境保健2014マニュアルより)

CHECK1 熱中症を疑う症状がありますか?
YES
CHECK2 意識がありますか? → NO → 救急車を呼ぶ → 涼しい場所へ避難し、服をゆるめ体を冷やす → 医療機関へ
YES
涼しい場所へ避難し、服をゆるめ体を冷やす
CHECK3 水分を自力で摂取できますか? → NO → 医療機関へ
YES
水分、塩分を補給する
CHECK4 症状がよくなりましたか? → NO → 医療機関へ
YES
そのまま安静ににして十分に休息をとり、回復したら帰宅しましょう
 
 

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課 地域保健活動担当 
 
電話:046-260-5663
FAX:046-260-1156

ページの先頭へ戻る