サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>トピックス>献血について

ここから本文です。

献血について

病気やけがなどで輸血が必要な患者さんのために、健康な方の血液が求められています。 愛の献血にご理解とご協力をお願いいたします。

 

献血ができる人(400ml全血献血の基準)
男性は満17歳〜64歳、女性は満18歳〜64歳まで(60歳から64歳までに献血をしたことがある人は69歳まで)で、男女とも体重が50kg以上の健康な人。

●献血ができない人
服薬中、妊娠中、授乳中の方,特定の病気にかかったことのある方など、一定の条件に該当する方は、献血をしていただくことができません。

詳細はこちら


<注意事項>
 採血前に血液比重、血圧などを調べます。採血針などは使い捨てです。
 エイズ検査などの目的とした献血はご遠慮ください。

献血者の本人確認にご協力を
検査目的の献血をご遠慮いただき、安全で責任ある献血をお願いするために、すべての献血会場で、公的機関が発行する運転免許証、パスポート、各種保険証、年金手帳、住基カードなどで本人確認と欧州渡航歴の問診をさせていただいています。ご協力をお願いします。 

 

愛の献血にご協力をお願いします!!
血液が全国的に不足しており、必要な血液量の確保が非常に困難な状況です。
一人でも多くの方にご協力いただけますようお願い申し上げます。

デング熱について<献血制限と確認事項>

 日本赤十字社が、献血の実施にあたって、デング熱に関する確認をすることと、その内容によって献血の制限をさせていただく場合があることを発表しています。(平成26年9月5日)
 
 デング熱の国内感染例を受けて(第三報)<献血制限と確認事項>
 
 
献血カード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課(保健福祉センター 案内図
医療施策推進担当
電話 046-260-5661
FAX 046-260-1156
受付時間:8:30〜17:15(土日休日を除く)
このページに関するお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る