サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>健診・検査>大和市がん検診

ここから本文です。

大和市がん検診

 大和市では毎年4月から翌年3月までの期間で、がん検診を実施しています。ご自身の健康のために、年度に一度必ず受診しましょう。

 また、対象となる方へ、3月下旬に「がん検診受診カード」を送付しております。世帯主様宛てに対象者全員分の受診カードを同封しておりますので、ご確認ください。

 新たに転入された方には、随時受診カードを発行いたします。健康づくり推進課の窓口にお越しいただくか、電話(046-260-5662)でお問い合わせください。※窓口に直接お越しの際は、ご本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)をご持参ください。

※がん検診無料クーポン券についてはこちら

【平成28年度】 検診・申し込み方法について

平成28年度がん検診受診カード
受診を希望する検診種類ごとに、年度内に1回、施設検診または集団検診のいずれかの方法で受診いただけます。 

検診方法

施設(医療機関)がん検診

集団がん検診

実施期間・日程

平成28年4月1日〜11月30日

平成28年4月〜平成29年3月
●平成28年度集団がん検診日程はこちら

実施場所

協力医療機関
●平成28年度施設がん検診協力医療機関一覧はこちら

市内5会場
(地域医療センター・保健福祉センター・生涯学習センター・渋谷学習センター・林間学習センター)

申込み方法

直接協力医療機関にお申込みください
(原則、要予約)

申込み受付期間内に電話、FAX、はがき、電子申請のいずれかでお申し込みください。

●申込みの詳細はこちら


※定員を超えた場合は抽選となります。抽選結果は申し込み受付期間終了後約1週間で全員にはがきで通知します。

持ち物

・がん検診受診カード(検診当日に持参しない場合は受診できません)

・保険証

・がん検診受診カード

・検診日の約4日前までに市が郵送する書類一式

結果のお知らせ

受診した医療機関で確認
※結果は郵送いたしません。
検診日から約1か月半後に郵送

自己負担が免除になる方

(施設・集団共通)

該当条件 必要書類
■70歳以上(昭和21年4月1日以前生まれ)の人 がん検診受診カード
■生活保護世帯の人 生活保護費受給票
■市・県民税非課税世帯の人

市・県民税非課税証明書

※証明書が必要となるのは、同世帯内で平成12年4月1日以前生まれの方全員分です。
※6月1日以降に検診を受ける場合は、6月1日以降に発行される平成28年度(平成27年分)の証明書の提示が必要です。
※平成28年1月1日時点での住民登録地で発行手続きを行ってください。大和市の場合、市役所資産税課または市内各連絡所・分室にて発行します。

■中国残留邦人等の支援給付を受けている人 支援給付の本人確認証
 

【平成28年度】 検診の種類・方法・費用・注意事項について

平成28年度大和市がん検診は、大和市に住民登録があり、各検診の対象年齢(平成29年4月1日時点)に該当する方が対象となります。

対象

検診の種類・方法

施設(医療機関)がん検診

集団がん検診

40歳以上の男女対象

胃がん

X線検査(バリウム)

2,500円

★必ずお読みください★
*お薬手帳をお持ちの方は予約時および検診時にご持参ください。
*内視鏡検査前には血液検査等を実施する場合があります。その際は、自己負担金以外に別途費用がかかることがあります。

1,200円

循環器(心臓病、脳血管疾患、高血圧等)や糖尿病等の薬を内服している方は、主治医にご確認のうえ検診をお受けください。
*問診の結果、受診できないことがあります。
胃内視鏡検査

2,500円

---

肺がん

X線検査

1,000円

X線撮影(2方向)

500円

X線撮影(2方向)
喀痰細胞診

1,000円

*問診で必要と判断された人
*必ずX線検査と同時受診

800円

*問診で必要と判断された人
*必ずX線検査と同時受診

大腸がん

検便(2日法)

700円

医療機関から事前に検査容器をお受け取りください

500円

市から事前に検査容器を郵送します

女性対象

子宮がん

頸部細胞診

1,700円

20歳以上

900円

20歳以上
頸部・体部細胞診

2,500円

30歳以上
*医師に必要と判断された人

---

乳がん

超音波(エコー)

1,200円

30歳〜39歳

---

視触診

    700円

30歳以上

   600円

30歳以上
視触診およびマンモグラフィ併用

2,000円

40歳以上

2,000円

40歳以上

<注意事項>

●施設(医療機関)がん検診について

検診の種類によっては、検診に要する検査(血液検査)や処置(麻酔等)が必要になることがあります。また、検診の際、所見が見つかる等の理由により医療保険による診療が検診と同時に行われる場合があります。その際は、市のがん検診の自己負担金以外に、初診料やその他の費用負担が発生することがありますので、あらかじめご了承のうえ受診してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課(保健福祉センター 案内図

保健衛生・がん予防担当

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る