サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>健診・検査>特定保健指導

ここから本文です。

特定保健指導

特定保健指導で生活改善

特定保健指導とは、特定健診受診後のアフターフォローです。医師、保健師、管理栄養士などの専門家と一緒に生活習慣を振り返り、ライフスタイルに合わせた食生活や運動の目標を立て、6ケ月間継続的な支援を行うプログラムです。特定保健指導は、市内協力医療機関や健康づくり推進課で受けることができます。なお、健康づくり推進課では、特定保健指導対象者向けの各プログラム(食事コース/運動コース/測定と個別相談)を開催しています。

対象者:特定健診の結果より、腹囲、血糖、脂質、血圧、喫煙歴より、メタボリックシンドローム(積極的支援)やメタボリックシンドローム予備群(動機づけ支援)に該当した方。(下記参照)

腹囲             追加リスク   4.喫煙           対象
 ※1.血糖 2. 脂質 3.血圧   40-64歳   65-74歳
 男性85cm以上
 女性90cm以上
          2つ以上該当    −    積極的
    支援
  動機付け
    支援
            1つ該当     あり
    なし       動機付け支援
 腹囲は基準値内
       だが
*BMI25以上
            3つ該当    積極的
     支援
  動機付け
    支援
            2つ該当     あり
    なし      動機付け支援
            1つ該当     −

下記3つのいずれかの薬剤治療を受けている場合は、医師による治療を続けてください。

またその場合、特定保健指導の対象にはなりません。

※ 1. 空腹時:100mg/dl以上 または HbA1c:5.6%以上(NGSP値)

     2. 中性脂肪:150mg/dl以上 または HDLコレステロール:40mg/dl未満

     3. 収縮期血圧:130mmHg以上 または 拡張期血圧:85mmHg以上

*BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) 

 

プログラムについては随時、郵送やお電話でご案内させていただきます。

アドバイスを受けて、無理なく生活習慣を変えるチャンスです!

ご自身の生活習慣を見直す機会として特定保健指導のプログラムに参加してみませんか??

 

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課 地域保健活動担当 
 
電話:046-260-5663
FAX:046-260-1156

ページの先頭へ戻る