サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>B型肝炎予防接種

ここから本文です。

B型肝炎予防接種

B型肝炎は、肝臓の病気です。肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。
B型肝炎ウイルスに感染すると、急性肝炎となりそのまま回復する場合もあれば、症状としては明らかにならないままウイルスが肝臓の中に潜み、年月を経て慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどになることがあります。ことに年齢が小さいほど、このようにウイルスがそのまま潜んでしまう持続感染の形をとりやすいことが知られています。
※平成28年10月1日より定期接種となりました。
 

対象年齢

1歳未満
(標準的な接種期間:生後2か月〜9か月未満)
 ※母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがある場合は、定期接種の対象外となります。
 
 

接種回数

3回
▼接種間隔
2回目:1回目から27日(4週)以上あける
3回目:1回目から139日(20週)以上あける
 
 
 

問い合わせ

健康福祉部 医療健診課(保健福祉センター4階 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る