サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>B型肝炎予防接種の特例措置について

ここから本文です。

B型肝炎予防接種の特例措置について

平成28年4月1日〜平成28年7月31日生まれの方で、B型肝炎予防接種を1歳までに3回接種できなかった方は、平成29年7月31日までに接種したB型肝炎ワクチンの接種費用を市が助成します。

 

※ただし1歳の誕生日当日以降を超えてからの接種は任意接種の扱いとなり、健康被害が起こった際の救済制度は、定期接種と異なります。

 ○定期接種による健康被害の救済制度についてはこちら

 ○任意接種による健康被害の救済制度についてはこちら

 

※定期接種として対象年齢内での接種が望ましいため、できる限り1歳までに3回の接種が終えられるよう、かかりつけの医師と接種スケジュールについて相談をしてください。

特例措置の内容

■対象者
大和市に住民登録があり、平成28年4月1日〜平成28年7月31日生まれの方
 
■対象となる接種
1歳の誕生日当日以降、平成29年7月31日までに接種したもの
 
■助成額
医療機関に支払った費用または大和市B型肝炎の予防接種の任意接種費用助成要綱に定める上限額いずれか低い方の金額
 
 

接種費用の請求方法

1.医療機関で接種をした後、接種費用を全額医療機関へお支払いください。
2.市に接種費用の償還払いの申請をしてください。その際、以下の持ち物をご持参ください。申請用紙は健康づくり推進課の窓口にあります。
【持ち物】
・B型肝炎ワクチンの接種費用がわかる領収書
・母子健康手帳(予診票の写しでも可)
・印鑑(認印可)
・キャッシュカードや通帳等振込先の口座番号がわかるもの
 
※請求期限は平成30年3月31日です。
 
詳細については、担当までお問合せください。
 

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課(保健福祉センター 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る