サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>健診・検査>乳がんの早期発見・早期治療のため、自己触診をしましょう

ここから本文です。

乳がんの早期発見・早期治療のため、自己触診をしましょう

乳がんは自分で発見できる数少ないがんです。早期発見のため月1回の自己触診を習慣づけましょう。
月経終了から1週間くらいの間に、閉経後の人は毎月、日を決めて行いましょう。
自己触診と並行して、必ず定期検診を受けましょう。
 

視診の方法

明るい部屋でなるべく大きな鏡の前で実施します。

(1)両腕を下げたまま左右の乳房や乳首の形を覚えておきます。

(2)両腕を上げて正面、側面、斜めを横に映し、次のことを調べます。

 
A.乳房のどこかに、くぼみやひきつれたところがないか
B.乳首がへこんだり、湿疹のようなただれができていないか

(3)最後に軽く左右の乳首をつまみます

 
乳首を軽くつまみ、血液のような異常な分泌液が出ていないかチェックしてみましょう。
 

触診の方法

 
仰向けに寝て、右の乳房を調べるときには右肩の下に、左の乳房を調べるときには左肩の下に座布団か薄い枕を敷き、乳房が垂れず胸の上に平均に広がるようにします。

(4)乳房の内側半分を調べる

 
右腕を頭の後方に上げ、左手の指の腹で同じようにまんべんなく触れてみます。

(5)乳房の外側半分を調べる

 
右腕を自然の位置に下げ、やはり左手の指の腹で同じようにまんべんなく触れてみます。最後にわきの下に手を入れて、しこりがあるか触れてみます。

(6)最後に「の」の字で全体を調べる

 

3本の指の腹で「の」の字を描くようにして、腕を伸ばした脇の下から胸全体の乳腺を確かめるようにチェックしてみましょう。

(7)反対側の乳房も(4)〜(6)のように調べます

 

右の乳房を調べたら、左の乳房を同じ要領で調べます。

(8)乳房を触る時のポイント

 

指先でつまむようにして調べると、異常がなくてもしこりの様に感じるため、必ず指の腹で探ってください。

最後に

 
毎月自己検診をしているうちに自分の乳房の普通の状態が分かり、変化を早く見つけられるようになります。
少しでも変化があったら、ためらわず乳腺外科を受診しましょう。
神奈川県内の乳腺外科は「かながわ医療情報検索サービス」で検索できます。
検索の際には、キーワード検索で「乳腺外科」とご入力ください。

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課(保健福祉センター 案内図

保健衛生・がん予防担当

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る