サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>トピックス>夏休みに海外へ渡航される方へ 〜感染症に注意しましょう〜

ここから本文です。

夏休みに海外へ渡航される方へ 〜感染症に注意しましょう〜

夏休みには海外へ渡航される方が多くなります。海外では、食べ物や飲み物を介した感染症や動物や蚊・マダニなどの昆虫が媒介する感染症、
麻しん、風疹、ポリオなどの感染症にかかる可能性があり、注意が必要です。感染症にかかることなく安全に海外で過ごし、帰国していただくため、海外で注意すべき感染症に関する正しい知識と予防方法を身につけましょう。

渡航前に確認しておきたいこと

・渡航先の感染症の発生状況に関する最新の情報や注意事項を確認しましょう。
国・地域別情報(厚生労働省検疫所FORTHホームページ)
・予防接種で防ぐことができる感染症があります。これまで受けた予防接種について確認しましょう。医師にワクチン接種の相談をする場合は、日数に余裕をもってしましょう。
海外渡航のためのワクチン(厚生労働省検疫所FORTHホームページ)
・渡航先での医療機関情報について、情報収集をしておきましょう。
世界の医療事情(外務省ホームページ)
 

旅行中に注意すること

・海外旅行中、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。生水・氷・カットフルーツの入ったものを食べることは避けましょう。 食事は十分に火の通った信頼できるものを食べましょう。
・蚊・ダニに刺されないように、服装に注意し、必要があれば虫よけ剤を使うなどしましょう。日本で発生していない、蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあり、注意が必要です。 
・動物は狂犬病、MERSや鳥インフルエンザなどのウイルスをもっていることがあるので、むやみに触らないようにしましょう。

渡航中及び帰国後に体調が悪くなったら

・帰国時に発熱や下痢などの症状がある方は、最寄りの検疫所にご相談ください。
・帰国後に症状が出た方は、病院に受診する際に渡航歴を必ず話してください。
 

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課(保健福祉センター4階 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る