サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>麻しん風しん予防接種

ここから本文です。

麻しん風しん予防接種

麻しん(はしか)は、麻しんウイルスの空気感染、飛沫感染、接触感染によっておこります。感染力が強く、予防接種を受けないと多くの人がかかる病気です。約10〜12日間の潜伏期間の後、症状が出始めますが、主な症状は、発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹です。最初3〜4日間は38℃前後の熱、せき、鼻汁、めやにが続き、一時熱が下がりかけたかと思うと、再び39〜40℃の高熱と発疹がでます。高熱は3〜4日で解熱し、次第に発疹も消失しますが、色素沈着が残ります。主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎などがあります。亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という慢性に経過する脳炎は、麻しん患者約10万例に1〜2例発生します。また、麻しんにかかった人の数百人に1人が死亡します。

 

風しんは、風しんウィルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2〜3週間です。軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか、目が赤くなる症状(眼球結膜の充血)もみられることもあります。発疹も熱も約3日間で治るので「三日ばしか」と呼ばれることがあります。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。血小板減少性紫斑病は患者約3,000人に1人、脳炎は患者約6,000人に1人です。大人になってからかかると重症になります。妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により心臓病、白内障、聴力障害などの障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。



 
※平成18年4月から「麻しん風しん混合(MR)ワクチン」が定期接種に導入され、1期・2期の2回接種となりました。
 
 
 

対象者

1期

1歳〜2歳未満までに1回接種
※1歳になったら、早めに受けましょう。
 

2期

小学校就学前の1年間に1回接種(5歳〜7歳未満の子で、幼稚園・保育園の年長にあたる4月1日から翌年の3月31日までの間)
※対象者には3月末に予診票などを発送しています。
 
 

使用するワクチン

麻しん風しん混合(MR)ワクチン
 
※「麻しん」「風しん」のどちらか片方にかかった場合でも、麻しん風しん混合ワクチンで接種できます。
※「麻しん」「風しん」の単独ワクチンの接種もできます。
※両方明らかにかかったことがある場合には、定期接種対象外となります。
 

注意事項

・輸血またはガンマグロブリン製剤の投与を受けたお子さんは、3〜6か月以上たってから接種を受けてください。
・抗生物質(カナマイシン、エリスロマイシン)でアナフィラキシーを起こしたことのあるお子さんは接種できません。
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

健康福祉部 医療健診課(保健福祉センター4階 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る