サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>トピックス>がん検診の受診率向上及び健康づくりの推進に関する協定

ここから本文です。

がん検診の受診率向上及び健康づくりの推進に関する協定

 大和市は2018年2月16日、市民の健康増進を目的とした「がん検診の受診率向上及び健康づくりの推進に関する協定」を住友生命保険相互会社と締結しました。
 
 死因の第1位を占める悪性新生物、いわゆる「がん」について、「健康都市」を目指す大和市では、「人の健康」の重要施策としてざまざまな取り組みを実施しており、がん検診の受診率は年々上昇しています。
がん検診の受診によるがんの早期発見、早期治療は、死亡率の減少だけでなく、生活の質の向上にもつながります。
住友生命相互会社の社員が訪問活動の際に市のがん検診や健康づくりに関する事業の案内を行うなど協力を得ながら、今後もがんや検診の正しい知識についてより一層の普及啓発を行ってまいります。

今後の主な連携・協力事業

・市民へのがん検診情報の提供、受診啓発
・市で実施している健康づくり事業の情報提供
・市民がん講座、イベント等の協力
 
 
大和市がん検診についての情報はこちら

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課(保健福祉センター 案内図

保健衛生・がん予防担当

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る